藤本慎也|岡山積水ハウスの顔画像「部下を主犯格に仕立てる卑怯者」大手住宅メーカー社員逮捕

藤本慎也,岡山積水ハウス

11月8日に岡山中央所は積水ハウス岡山支店に勤務する藤本慎也(ふじもとしんや)39歳と藤本夏(ふじもとなつ)26歳の2人を強制わいせつの疑いで逮捕しました。2人は下請け業者の女性に対して10月21日から22日の深夜にかけて、下着を脱ぐように指示しわいせつな行為をした疑いが持たれています。この記事では藤本しんやの顔画像や経歴を調べてみました。

藤本慎也|岡山積水ハウスの顔画像「努力で役職者となった敏腕営業マン」

藤本慎也,岡山積水ハウス

早速、藤本しんや容疑者の顔画像や経歴をチェック!

  • 名前:藤本慎也(ふじもとしんや)
  • 生年:1982年
  • 年齢:39歳(2021年11月現在)
  • 学歴:関西大学
  • 資格:宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士、福祉住環境コーディーネーター2級

藤本しんやは入社時から個人住宅ではなく、土地有効活用(アパート部隊)に配属されました。積水ハウス岡山支店には2014年に配属となり大阪から家族ごと引っ越してきました。配属当初は農地所有者や空き家の所有者等を調べて飛び込み営業を繰り返しす日々。縁もゆかりもない岡山県の地理を飛び込み営業で覚えていき、仕事の中で関係を構築した法人先(不動産業者、相続コンサル、FP、金融機関、税理士)やオーナーに支えられ、不動産のことで何かあればいつでも相談してもらえる環境を自ら構築していきます。

藤本しんや容疑者は大阪での実績もかなり優秀だったのか、2014年の配属当初から岡山支店の責任者となっています。7年前なので当時32歳という若さで責任者とはかなりの敏腕営業マンと言っても過言ではないでしょう!

 

23日PM5:00から【積水ハウス】の情報交換会に参加しました。最初に責任者の《藤本慎也》さんから組織変更のお話がありました。岡山支店の中で戸建以外の部分をシャーメゾンⅠ店、シャーメゾンⅡ店に分けて競争される体制のようですネ。

別の方のブログに積水ハウスの情報交換会に参加との題名で”責任者の藤本慎也”との記載があることからも、間違いない情報です。積水ハウスはシャーメゾンというオシャレな賃貸マンションを全国に展開しており、藤本慎也も岡山で農地や空き地にシャーメゾンを新規で建て、入居者を多く入れて会社の利益に貢献していました。

積水ハウス岡山支店の場所もチェック。

    • 住所:〒700-0975 岡山市北区今2丁目9番8号
    • TEL: 0120-880-410
    • 営業時間:9:00〜18:00
    • 定休日:毎週火・水曜日・祝日

藤本慎也の自宅や家族構成を調査「もう離婚は既定路線」

藤本慎也,岡山積水ハウス

藤本しんやの自宅や家族構成についても調べてみました。藤本慎也は勤務先の積水ハウスで岡山市中区に戸建住宅を建てています。中区は岡山市の中心街で最近では大型のイオンが岡山駅に隣接されたり、利便性もかなり良くなっている地域です。

さらに報道では藤本慎也は結婚していて3人の子供がいるとの情報も。子供3人をテニススクールに通わすこともできるくらいなので、結構な年収があったと予想されます。積水ハウスはハウスメーカーの中でも年収の高さは上位クラスです。

平均年収は840万円と日本のサラリーマンの平均年収420万円と比較すると約2倍となります。さらに藤本慎也は土地活用部門の責任者なので、年収は1,000万円を超えていていもおかしくありません。

藤本慎也の近隣住民の評判は二極化しています。

接客商売だから、人当たりが良い印象。挨拶もきちんとするし愛想もいい。180cm以上の長身にスラッとしたいかにもできる営業マンという印象。朝のゴミ出しをしようとすると、「一緒に持っていきますよ」とか言ってくれる優しい一面も。

一方でこんな評判も。

仕事が不動産関係ということもあってか帰りがいつも遅い。お酒を飲んで帰ってきて、真夜中に大声で叫んでいたこともあった。玄関の鍵がかかっていることを妻に怒っていた。夫婦仲は冷めている気がする。近所付き合いも疎遠になったし、奥さんは1人で3人の子育てをしていて、旦那さんは仕事一筋な上、酒癖が悪いので仮面夫婦だったのではとの発言も。

子育ては妻にだけ押し付けて、旦那は深夜のバーで下請け女性へセクハラ行為をしていたとは、もう離婚は免れないでしょう。特に岡山はまだ村社会なので一瞬で情報が駆け巡るので、せっかく建てた戸建ても売り物件になるのは確定です。

藤本慎也と藤本夏の強制わいせつ概要「お前は下請けだから口答えするな」

今回の事件の概要をチェック。

  • 積水ハウス岡山支店に勤務する藤本慎也(39)と藤本夏(26)の2名が強制わいせつ罪で11月8日に岡山中央署に逮捕される
  • 2人は10月21日の22時55分~翌22日の1時40分までの間に、下請企業に勤める30代女性と岡山市内のバーで飲んでいた。藤本夏容疑者が「向こうの席で下着を脱いでこい。慎也さんがいるんだぞ、わかってるよな!」と無茶な要求をする
  • 被害女性は下請けという立場から断れず、嫌々ながらも上着とシャツを着たまま下着を脱いだ後に、席に戻ると両容疑者はその両隣に密着して被害女性が身動きできないような状態で座り、胸などを触ったり、スカートの中に手を入れる行為をした
  • 夏容疑者の言動から“上司と部下のあうんの掛け合い”とも受けとられ、日常的にやっていた可能性もあり余罪も追求している
  • 藤本しんや容疑者は胸と下半身を触ったことについは認めていますが、スカートの中を触ったことは否定

藤本慎也は若くして一部上場企業で役職者となり、天狗になっていたことは間違いありません。下請けという断れない立部を利用してわいせつ行為を行っていたとは許されない行為です。しかも3人の子供もいる父親としては情けないですね!

ここまで大きく報道されているので、窓際族になるのは確実なので転職して再スタートするしか道は残っていないでしょう。

コメント