夏バテ解消運動!日常で実践できる運動を紹介します!!

夏になると猛暑日が続き、体に疲労感とだるさが続き夏バテになる方も多いのではないでしょうか?

特にクーラーの効いた部屋に長時間いたり、冷たい飲み物&食べ物ばかり食べている方は要注意です。体が冷えると外気の温度差で自律神経が乱れてしまい体調不良を引き起こします。自律神経の乱れには運動が効果的です。

そこで今回は日常に取り入れれる、簡単な夏バテ解消運動についてまとめてみました。

スポンサーリンク

夏バテはどうしてなるの??

夏バテには食欲不振、全身徒労感、だるさ、むくみ、立ちくらみ、下痢・便秘等の症状があります。

日本の夏はいわゆる「高温多湿」です。
暑さや湿気に体が対応すると、普段よりたくさんエネルギーを消費します。エネルギー消費量が多くなる期間が長くなると、エネルギー消耗状態になり下記のような状態になります。

・体内の水分・ミネラル不足による脱水症状
・食欲不振からくる栄養不足
・暑さと冷え(クーラー)の繰り返しによる自律神経失調症

当たり前ですが、普段からのバランスよい食事と規則正しい生活が一番の夏バテ予防となります。

運動が何故夏バテ解消になるの?

体の冷えや外気の温度差が激しいと自律神経のバランスが乱れ体調不良となります。

自律神経には活発時やストレスを感じているときに働く「交感神経」
リラックスしているときに働く「副交感神経」があり、夏バテ時にはストレスを感じる交感神経が優位となってしまいます。

運動をすることで副交感神経を活発化させ、ストレスを発散し自律神経のバランスを保つことができます。

スポンサーリンク

日常で実践!お手軽夏バテ解消運動

短時間で簡単に取り入れれる運動を紹介します。

◆階段の上り下り

 

階段を使うことで下半身の運動になります。下半身は人間の筋肉が集まっている箇所なので有効的です。余裕のある人は一段飛ばしもオススメですよ。

◆ラジオ体操

 

ラジオ体操の効果は絶大です。縦、横、ひねりの動きにはストレッチ、筋トレ、様々な運動要素が取れいれられています。内臓機能の正常化、血液循環改善が期待できます。

◆大股歩き

最大歩幅で歩くように意識します。
短時間でも普段歩くより運動量が大きくなり、運動に時間が取れない
方にオススメです。

夏バテ解消運動!日常で実践できる運動を紹介します!!まとめ

体の冷えによる夏バテには運動が効果的であることがわかりました。
ストレスは寝たり、休むよりも運動で汗をかいて発散させたほうが効果的です。

これはアクティブレストという言葉があるように、欧米では忙しい人ほど休日にジョギングやテニスをして意識的に汗をかくようにしているといわれています。

普段からの食、運動、睡眠には気を使って自分自身のメンテナンスをして下さいね。

スポンサーリンク

コメント