佐渡誠の会社名と顔画像が判明「社員の死因は感染病」神奈川県平塚市のリフォーム会社代表逮捕

佐藤誠の顔画像

神奈川県平塚市にあるリフォーム会社社長の佐渡誠と従業員の武内孝宜が同じ社員である稲田裕樹さんを暴行し、死亡させたとして逮捕されました。

稲田さんは病院へ搬送された際に感染病にかかっており、佐藤容疑者たちは死因は暴行ではないと主張。

また、佐藤まこと容疑者の会社は”株式会社リモクラス”という会社なのではと言われています。

この記事では佐藤誠の顔画像や会社について調べてみました。

佐渡誠の会社名と顔画像が判明「社員の死因は感染病」

佐藤誠の顔画像

「佐藤誠」と検索すると株式会社リモクラスの代表取締役の男性がヒットします。いかにもリフォーム会社の社長という顔つきをしています。

この会社の住所を確認すると、住所は以下のようになっていました。

  • 住所:〒254-0045 神奈川県平塚市見附町17-14
  • TEL:0463-73-7655 
  • FAX:0463-73-7680

逮捕された佐藤まこと社長(42歳)の住所は神奈川県平塚市徳延と報じられており、会社も同じ市内にあります。

結構ゴリゴリな会社と思いきや口コミは良いことが判明。特に最初の対応である電話やメール対応が良かったことが決めてだったと利用者からの感想がありました。

リフォーム会社はピンきりなのでハズレを引くと、高額な金額を取られることもありますが、佐藤誠容疑者が代表のリモクラスは社員教育にも力を入れていたことがわかります。

武内孝宜の画像がホームページで紹介される「リフォーム会社名が特定」

株式会社リモクラスのホームページには社員紹介ページもあり、そこに加害者のい武内孝宣も発見。

■仕事への意気込み
武内です!
パイプ本舗洗浄工として、多くの物件に携わってます。
経験を活かし、お客様それぞれの使い方、使用頻度、構成など細かいところまで行き届く洗浄を心がけております。
最高のサービスが提供出来るよう、頑張っていきます!

写真は優しそうな男性の印象で、この方が暴行死させるほどの犯罪を犯したとは思えませんね!

武内孝宣のフェイスブックもチェック。

武内考宣のFACEBOOK

運用暦はありませんが、友達が1人います。その友達の住所が神奈川県平塚市なので会社関係なのでしょうか?アカウントは開設だけした可能性が高いです。

(株)リモクラスには2人の加害者と同姓同名がいます。さらに同じリフォーム会社なので佐藤誠の会社はリモクラスである確立が高いです。そして確信的な要素がもう一つありました。今回被害に合われた稲田裕樹さんもホームページ内に掲載されています。

水道工として18年その他大工、内装、土木業の職人として色々な現場に携わってきました。
この経験をフルに活用しトータルマルチワーカーとしてお客様が心配なく幸せに暮らせる様精一杯頑張りますと記載しており、かなりのベテラン社員だったのでしょう。

佐渡誠と武内考宣の事件概要「態度が気に食わないから制裁」

今回の事件の概要も見ていきましょう。

社員に暴行した上で死亡させたとして、佐藤誠(42)と武内孝宣(40)が3月29日逮捕される

佐藤まことは株式会社リモクラスの代表取締役で武内孝宣は同社員

被害にあった稲田裕樹(56)も同社員であったが、仕事の態度を巡って二人とトラブルになり2月11日~14日の期間にかけて稲田さん自宅で暴行を加える

2月16日に佐藤まことが稲田さんの様子を見に行くと苦しそうにしている、稲田さんを発見

担当医師は死因を外傷性ショックと診断したが、治療の過程で稲田さんが感染症に感染していることが判明

佐渡誠容疑者らは取り調べに「暴行は加えたが、死因はコロナだと思う」などと供述し、容疑を一部否認している

 

【合わせて読みたい】:

山下昌司のfacebookを調査「二次下請けなんか人間と思ってねえ」薩摩川内市平佐町クレーン吊り上げ

小林涼のフェイスブックと建設会社を調査「出来の悪い社員は燃やす」静岡県三島市の暴行事件

トレンド

コメント