和Meets JAZZ 2017!日本の和と世界の輪の出会いを見に行こう!

東京港区にある増上寺で行われる和Meets JAZZ 2017!歴史あるお寺で、本場のジャズや日本を代表するジャズミュージシャンが集結します。日本の和と世界の文化が融合するイベントです。

今回は和ミーツジャズ 2017!のイベント内容が気になったので日程やジャズの歴史について調べてみました。

スポンサーリンク

和Meets JAZZ 2017!基本情報

和ミーツジャズ 2017!の基本情報はこちら

日程:2017年10月14日(土)

オープン/スタート:
10:30/11:00

会場:浄土宗大本山 増上寺

住所:〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-35

入場券:¥1,000
こちらよりもCHECK!

アクセス:

・ JR線・東京モノレール 「浜松町駅」から徒歩10分
・ 都営地下鉄三田線 「御成門駅」から徒歩3分、芝公園から徒歩3分
・ 都営地下鉄浅草線・大江戸線 「大門駅」から徒歩5分
・ 都営地下鉄大江戸線 「赤羽橋駅」から徒歩7分
・ 東京メトロ日比谷線 「神谷町駅」から徒歩10分

公式ホームページ:http://wameetsjazz.com/

お問い合わせ:こちらのフォーマットより入力

JAZZの歴史を簡単に紹介!

ジャズ誕生は1900年頃アメリカの「ニューオリンズ」が発症の地と言われております。

ニューオリンズは港町で歓楽街が栄えており、そこでブラスバンドやアメリカ音楽ジャンルの一つであるラグタイムを演奏する黒人ミュージシャンが多くいました。他にもマーチ、ブルース、黒人霊歌の音楽要素も含んでいます。

ジャズはこれらの音楽の融合とアドリブの部分が拡大されていって生まれました。即効演奏こそジャズの魅力と特色となっていますよね。

初代ジャズ王はバディ・ボールデン、二代目ジャズ王はキング・オリヴァー共にコルネット奏者です。そしてジャズをジャンルとして確立したのがコルネット、トランペット奏者で「What a wonderful world」の代表曲をもつルイ・アームストロングと言われています。

ルイの自由で情熱的な演奏がジャズをロマンのある音楽へ発展させました。

Louis Armstrong "What A Wonderful World" LIVE 1970 (Reelin' In The Years Archives)

スポンサーリンク

増上寺はどんなお寺なの?

会場となる増上寺は600年の歴史のあるお寺です。浄土宗の七大本山の一つで、酉誉 聖聰(ゆうよしょうそう)上人によって、江戸時代に創建されました。

特に徳川家とゆかりが深く、徳川 家康の手厚い保護もあって大隆盛していきます。徳川家康の葬儀も増上寺で行われ、二代目将軍秀忠、六代目家宣、七代目家継、九代目家重、十二代目家慶、十四代目家茂 6人の将軍の墓所も設けられています。

歴史の時間に習ったと思いますが、浄土宗の開祖は「法然上人」ですね。浄土宗は念仏を称えることで、いつでも誰もが平等に阿弥陀仏に救われ極楽浄土に往生できるというシンプルな教えから公家、武士のほかに庶民にも浸透していき日本全土へ広まっていきました。

増上寺は歴史がたくさんつまったお寺なんですね!

和Meets JAZZ 2017!日本の和と世界の輪の出会いを見に行こう!まとめ

日本の由緒正しいお寺で開催される和Meets JAZZ 2017!本場のジャスはもちろんのこと、書家やアートパフォーマーも参加し多くの音楽とアートが体感できます。

普段、お寺に行かない方もこのフェスをきっかけに行ってみてはいかがでしょうか?会場は神聖な場所なので、マナーには注意して余裕を持って参加してくださいね。

スポンサーリンク

コメント