ディズニーハロウィン2018の簡単衣装!仮装方法や禁止ルールも!

 

 

日本を代表するテーマパークといえばディズニーランドですよね!

管理人もこれまで、5回行ったことありますが何度も行きたくなります。

 

9月~10月はあるイベントがあります。

もう日本にも定着しつつあるイベント・・・そうハロウィンですね。

ディズニーランドのハロウィンイベントはどうのようなものなのでしょうか?

 

今回はそんなディズニーハロウィンの仮装ルールや簡単衣装についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

ディズニーハロウィン2018の期間は?

 

まず肝心なディズニーのハロウィン期間についてご紹介致します。

 

2018年9月10日(月)~2018年10月31日(水)

 

この期間内がディズニーのハロウィン時期となっています。

ディズニーランドのみだけではなく、ディズニーシーもこの日程がハロウィン期間となっております。

 

それから何をもって「ハロウィン期間・時期」を指すのかというと、ディズニーランドがハロウィンを認識している時間軸の事で、何より1番は仮装がOKな期間の事をプッシュしています。

2016年までは「フル仮装がOK」日程と「部分仮装がOK」な日程が分かれていました。

2017年は開演20周年記念でハロウィン期間の全日フル仮装OKとなり、なんと今年も全日フル仮装がOKなのです!!

 

今年もそのリミッターが外れちゃうという事で、9月10日~10月31日までの全日程でフル仮装がOKですよ♪

 

ディズニーハロウィン2018!簡単にフル仮装の方法は?

ディズニーハロウィンを参加する時の仮装はできたら、簡単に済ませたいという方も多いのでは。

中には、全て手作りで仮装する強者もいるようです^^

 

それではオススメを紹介!

 

 

お子さんに着せてあげたら可愛いですね~♪

 

 

 

なかなかインパクトがありますが、あまり他の人とカブらないのでは?

 

 

 

お父さんもこの日だけは、恥を捨てて家族サービスですね。

親子でハロウィンに参加しても、いい思い出となります!!

 

ディズニーハロウィンの仮装ルールって?禁止事項は?

そんな、今年は大盤振る舞いなディズニーハロウィンですが、きちんと仮装のルールは存在します。

 

①目のやり場に困らない程度の露出

 

お腹を出したり、肩がまるまる出ていたり、お尻丸見えはダメです。幅広い年齢層が来場するので節度ある仮装をしましょう。

 

②顔面一色や全身タイツはNG

 

いくらくまのプーさんに憧れているからといって、全身黄色や顔を全面黄色で塗りつぶしたり、タイツ等で覆ったりしないこと。

プーさんは関係なく、どのキャラクターに変身するにしろ、全身タイツや顔面一色はNGです!

 

③仮装は必ずディズニーキャラクター

 

仮装する際は必ずディズニーに関するキャクターである事!当たり前ですね。

ワンピ○スの麦わらの○フィの格好で行っちゃった日には、即効ジャックスパロウが貴方を退治しに来るかもしれません。ルールはきちんと守りましょうね。

 

④武器を連想させる小物や道具の持ち込み

 

銃・剣・弓などの武器類は禁止です。

本物でなくても、メリダの弓やジャック・スパローの小刀など含まれます。

 

⑤その他禁止・NG事項

 

・楽器、ヘルメット、スポーツ用品の使用

・顔を覆う、顔を塗る、傷を描く、口元全体に髭をつけるメイク

・裾を引きずってしまう衣装

 

ディズニーハロウィンの仮装対象衣装は?

 

仮装ルールは必ずディズニーに関するキャクターである事と表記致しましたが、その中でも「仮装対象作品の中のキャラクターであれば」仮装OK、という事です。

 

「それって何?」や、「まだまだ知りたい事が増えてきた!」なんてハロウィン参戦の準備を整えたい方は、こちから–>>チェック!

 

さらに公式ハロウィン期間中の着替えスペースも確認しておきましょうね。

着替えスペースは予め指定されている場所を確認しておくと、当日スムーズに楽しむことができますよ。

 

スポンサーリンク

 

ディズニーハロウィン2018!簡単にフル仮装の方法は?禁止ルールも!まとめ

2018度ディズニーハロウィン仮装ルール事情をまとめてみました。

何だか、自分でまとめている内に参加してみたくなってしまったので、ディズニーマジックにかかってしまったという事でしょうか。

 

それだけ魅力的なこのイベント、皆さんもルールを守って参加を検討されてみてはいかがでしょうか♩

 

スポンサーリンク

コメント