忘年会で大盛況間違い無しな簡単ゲーム5選はコレ!

忘年会シーズン、みなさんは毎年どのように過ごされますか?寒い時期ですので、暖かいご飯や美味しいお酒を食べ飲みしながらワイワイ会話したり、ゲームを楽しんだりしてエネルギーを蓄えるのではないでしょうか。

忘年会といえば、盛り上がったり、商品ゲットする際にゲームをしますよね?でもどんなゲームがあるかわからない方のために、今回は多くのゲームの中から簡単に遊べるものを紹介致します!

スポンサーリンク

①忘年会といえば定番のゲームかも!UNO!

ではまずこちらのゲームから。そう、「UNO」。もしかすると知ってるけど遊んだことないよって方もいらっしゃるかもしれないです。カードゲームの一種で、2人~プレイが可能です。

トランプは「数字」と「記号」を主に意識して遊ぶゲームですが、UNOは「色」や「絵柄」を意識して遊んでいくゲーム。

カード一つ一つに役割と意味があるので、覚えるの大変なんじゃない?って思う方もいるかもしれませんが、ただカードで遊んでいるだけなのに、トランプよりもまるでパレットの上に絵の具を広げているような感覚になりながら楽しめるカードゲームですよ。

ホームセンターやおもちゃ売り場で売っていますので、気になる方はチェック!ちなみにUNOの公式サイトはこちら。

②もしかしたら懐かしいゲーム!パズルみたいで簡単!

お次はこちら。「ジェンガ」一時期流行りませんでしたか!?イメージとしてはダルマ落としがぎゅっと小さくなって、もっと個数も増えたもの。カロリーメイトサイズのパーツが組み合わさって出来た小さなビルから1つずつパーツを抜き取っていきます。

これが意外と緊張するんですよね。崩れないように丁寧に一つずつ抜くんですけど、難しいです。ちなみに安心してください。カロリーメイトのように表面が粉っぽくはないので、遊んでいくうちに削れたり割れる心配もありません。

一回購入するだけでパーツをあなた自身がなくしちゃうまで永久に遊び続けられます。

③酔っていない時は簡単だが・・・ちょうちんゲーム!

とてもシンプルですが盛り上がるゲームです。「大きいちょうちん どうぞ」「小さいちょうちん どうぞ」の2フレーズしかありません。

ちょうちんは両手で○を描くように、ジェスチャーで渡しますが、大きいちょうちんの時は小さく○、小さいちょうちんの時は大きく○を描きます。つまり、言葉と動作を逆にしなければいけません。

このゲームの面白いところは前、左右、斜めとランダムにちょうちんを渡しあうので不意にあてられた時は、言葉と動作が酔いもあってか一緒になってしまいます。

念のためルールを説明
1.最初の人が前、左右、斜めに座っている1名に「大きいちょうちん どうぞ」か「小さいちょうちん どうぞ」とパスする。

2.パスされた人は同じようにランダムに次の人へちょうちんをパスしていく。

スポンサーリンク

④酔った勢いで乗り切ろう!物まね&山手線ゲーム

山手線ゲームはベタですが、これに物まねしながらだとどうでしょうか?気心知れた人どうしだと、楽しさ倍増ですよ!物まねのクオリティは人それぞれなので、大目に見てあげてください。

例:
金八先生風に野菜の名前
クレヨンしんちゃん風に国の名前

⑤知っている人はやっている人狼ゲーム!簡単ルールも有り◎

さあ、最後は!「人狼ゲーム」です。一時期深夜番組のネタになっておりましたね。人間の性格や腹黒さがもろにばれちゃうゲーム。え、仲良し同士でやったら友情に亀裂が入るんじゃあ・・・大丈夫です。最初からそういうゲームだから、「そういうゲーム」で良い訳がちゃんとできます。

イメージとしては、悪魔を操るゲーム的感覚ですね。悪魔操るんですよ、悪者演じないと、勝てないでしょう?そうでしょう?ほら、そう思えば何かあっても良い訳できちゃうから大丈夫でしょ?

そんな人狼ゲームですが、司会さんが必要が司会する人は退屈かも?しれないので、最近はスマホアプリにて司会代わりになってくれるものが存在してます。種類もたくさんありますよ。それだけ、遊べば遊ぶほど中毒になる方が多いということですね。

証明や音楽を利用してリアル感を出すのもあり!人狼ゲーム。ハマると本当にやばい分、プレイを見てるだけで面白いですよ。

【人狼】5人で人狼ゲーム!嘘つきオオカミは誰だ!?

忘年会で大盛況間違い無しな簡単ゲーム5選はコレ!まとめ

そんなわけで忘年会シーズン大盛況間違いなし!なゲームをご紹介しました!最初は簡単でも、いろいろな遊び方や人数で面白さが変わってくるのがこれらの魅力ですね。

この中でも私的一番オススメは人狼ゲームです。だって、ハマるほどに
面白さがわかってくるんですから。忘年会に向けて今のうちからこのゲーム、遊んでみてはいかがでしょうか?簡単ルールもありますので、是非!

スポンサーリンク

コメント