健康

静電気の除去方法!衣類とドアノブの防止方を紹介!

投稿日:

静電気といえば、私たちの生活に潜み、冬になるとまるで突然現れるお化けのように出現してきますね。チクッと痛いあの瞬間が恐怖で仕方ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな静電気ですが、除去できる方法が意外とたくさんあることがわかりました!そこで今回は静電気の除去方法についてを紹介致しますね。

スポンサーリンク

静電気が発生しやすい物質は?

静電気を発生する原因の物体として、ドアノブ等の金属類や人の肌、来ているセーターやマフラーがあります。私達が着用する洋服素材の種類には、プラス電気とマイナス電気を帯電しやすい素材がありプラスとマイナスの素材を帯電しやすい素材のコーディネートだと静電気が発生しやすくなります。

どちらも帯電しにくい:綿
プラス電気:絹→ウール→ナイロン
マイナス電気:麻→ポリエステル→アクリル
(右に行くにつれて帯電しやすい素材になっています。)

ポイントは同じ性質の電気を帯電する素材なら静電気が発生しにくくなります。絹とウールや麻とポリエステルの組み合わせだと静電気が生じにくいですね。静電気対策を身につけ快適な冬を過ごされるのはいかがでしょうか?

金属の静電気除去方法は?

ドアノブ等の金属類はいくつかあるのですが、ハンカチやタオルなどの布繊維品や同種族の金属系の物を仲介させる方法があります。

また、ドアを開ける際にキーホルダーや金属系のペンを強く握って開けましょう。金属系の中では簡単に実行することができる物ですね。別の金属を握ることで静電気を放出してくれるので、バチッとした電気は生じにくくなります。

こちらの方法は完全に静電気を除去するわけではありませんが、思いっきり金属部分に皮膚を全面べったり触ってしまうというものもあります。ドアノブの場合は手のひら全体で一気に包み込むように掴んでしまうイメージですね。

他にも、金属のアクセサリーを身につけておくだけで、静電気が発生したとしても痛みを控えられるので、はじめに紹介した金属系アイテムと併用してみるのが良いと思います。

金属系のものを身につけていない場合は壁や地面に触れてから触るのも効果的ですよ。

スポンサーリンク

その他の静電気の除去方法!

先ほどは、静電気の原因となる衣服類や金属とそれらを触れる皮膚の間に、身代わりとなるアイテムを入れるという回避方法をご紹介致しました。お次はまた別の角度からの対策をご紹介致します。

その中のひとつに、保湿クリームを皮膚に塗るというものがあります。皮膚が乾燥すればする程、静電気は起きやすくなりますので、きちんと水分を皮膚になじませてあげること。これが大切ですね。

ハンドクリームには尿素が含まれており、この成分は皮膚から水分が蒸発する事を防いでくれます。このおかげで皮膚から水分が逃げる事が少なくなり、乾燥肌から遠のいていくということですね。

静電気の除去対策!衣類とドアノブの防止方を紹介!まとめ

2つの角度から静電気が起こる要素を除去する方法をご紹介致しました。一番安心できる対策は、ご紹介した全ての除去方法を試してみることですね。

言葉でみると少しだけ面倒くさそうですが、アクセサリーは一度つけてしまえば済みますし、まずはハンドクリームやハンカチを持ち歩くようにしてみる。このように順序を考えてみると、ばっちり全ての除去方法を実行できそうですね♪

スポンサーリンク

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

夏バテに効果的な食べ物と飲み物は何??ファミレスで注文できる6品を紹介!

夏になると猛暑日が続き、体に疲労感とだるさが続く「夏バテ」。 楽しみにしていた予定や大事な仕事があるときはしんどい体にムチを打って行かなければいけないですよね・・・ 夏バテは病気ではないので、バランス …

足の臭いを消す方法!!お困りのあなたに3つの方法を紹介します!

革靴やハイヒールを人前で脱ぐのが怖い人はいますか??特にこれから暖かくなってきて、梅雨や夏がくると恐怖に拍車がかかります。 そんな管理人も長年、足の臭いには悩まされ続けてきました。職場や飲み会の席で靴 …

革靴の靴づれの原因と対策!!歩き方にも原因があった?

新しい革靴に履き替えると靴づれになったりしませんか? 管理人の場合、履き替える度にくるぶしと革がこすれ合うので皮がめくれてしまいます。入浴時はかなり痛いんですよね・・・ そこで今回は靴づれの原因と対策 …

金縛りの原因はストレスだった!?対策と解き方を伝授します!

寝ている時に意識ははっきりしているのに、急に体が動かない・・・声が出ない・・・いわゆる「金縛り」になったことはありますか??管理人は10代のによくかかっていました。特に浪人時代は頻繁にかかっていました …

蚊取り線香は赤ちゃんにとって安全!?他の蚊取りグッズも安全か調べてみました!

  だんだんと暖かくなってくると、気になるのが「蚊」ですよね。遊んでいるときや特に就寝中に刺されると、かなり腹が立ちますよね。 そんな時に蚊取り線香を使用する人は多いと思います。あの匂いが何 …