ボジュレーヌーボーの解禁日ルールを破ると罰則がある?!真相を確かめてみた!

あまりイベントが少ない11月ですが、ワイン好きが待ち遠しくしていることがありますよね?それはボジュレーヌーボーの解禁日です。

今年の出来栄えを楽しみにしながら、日付が変わるのを今か今かと待っている方も多いのではないでしょうか?

最近はニュースでもボジュレーヌーボー解禁日が取り上げられるようになっているので11月のイベントとして定着してきましたね。

そんなボジュレーヌーボーの解禁日にはルールがあるようで、そのルールを破ったら罰則があるウワサがあるようです。

そこで今回はボジュレーヌーボーの解禁日や罰則について調べてみました。

スポンサーリンク

ボジュレーヌーボーの解禁日はいつ

ボジュレーヌーボーの解禁日は毎年決まっていて11月の第3木曜日となっています。
2017年は11月16日(木)24時が解禁日となります。

日本でも解禁日と同時にテレビで取り上げられるのは原産地のフランスより日付変更線の関係で先に解禁され手に入るからです。

ボジョレーとはフランスのブルゴーニュ地方のぶどうを栽培する地名で、ヌーボーは新しい、新鮮という意味があります。

ボジュレーヌーボーは「ボジョレー地方で作られた、その年一番の新しいワイン」という意味になります。

解禁日ルールを守らなかったら罰則がある?

原産地のフランスではワイン法というものがありボジュレーヌーボーの解禁日を待たずに販売してしまうとワイン協会より販売停止の処分が下されると言われています。

罰則はあくまで販売者側にあり、消費者が解禁日前に飲んだとしても特にペナルティはありません。

日本はフランスのようにワイン法は制定されていないので、販売者が解禁日前に店頭へ並べても罰則は無いですが、

輸入元との契約で「解禁日前までに販売しない」ことを交わしていれば契約違反となる可能性はあります。

きちんとルールは守ったほうが無難ですね!

スポンサーリンク

ボジュレーヌーボーの解禁日が決まっているのはナゼ?

昔のフランスには解禁日は特別設けていませんでしたが、十分に熟していない未完成状態なワインも市場に出回っていました。

多くの販売者が利益のため品質の低いワインを売り続けた結果、フランスワインの価値が下がりそれを見かねた政府が、ワインの品質低下と不正競争を防止するために解禁日を設定しました。

解禁日と違反者への罰則を設けたことできちんとした品質と美味しいワインが手に入るようになったわけです。

元々は11月15日が解禁日だったのですが、この日が土日だとワインが入手できないので1985年に11月の第3木曜日へ変更されました。

ボジュレーヌーボーの解禁日ルールを破ると罰則がある?!真相を確かめてみた!まとめ

11月第3木曜日の午前0時に解禁される、ボジュレーヌーボー。

最近はコンビニでも購入できますよね。お酒は寝かせば寝かすほど美味しくなりますが、ボジュレーヌーボーは日が経つと味が落ちてしまいます。新鮮な内に飲みきりましょう♪

午前0時にどの国よりも先に飲める優越感や友人と一緒に飲む、美味しい食事に今年一番のボジュレーヌーボーはいかがですか?

スポンサーリンク

コメント