スタッドレスタイヤの換えときには寿命と走行距離と年数に注意!!

凍った路面や雪道を駆け抜ける際に大活躍する「スタッドレスタイヤ」。事故したくないからこそ、換え時を知りたかったり新しく購入しようと検討されていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

どうやらスタッドレスタイヤには寿命や走行距離、そして年数も関係してくるとのことなので、今回はスタッドレスタイヤの換えときのタイミングについて調べてみました。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤの寿命は?

スタッドレスタイヤには寿命があるということですが、一体どれくらいの期間なのでしょうか?調べてみたところ、3~4年程度という事ですが、この期間中ずっと同様の効果が続いていく訳ではありません。

理由としては、使用日数を重ねていくごとに徐々にタイヤは硬くなってしまうからです。新品のスタッドレスタイヤは柔らかいゴム状ですので、雪道もしっかりと捕らえて滑らなくしてくれるのですが、硬くなるとその分滑りやすくなってしまいます。

ちなみにタイヤに溝が残っていたらまだ走行はできますが、先ほども述べたように、タイヤが硬くなってしまっていますので、念のためタイヤ屋さんに相談するような形で持ちかけていってください。

しっかりその道のプロがどうしたらいいのか教えてくれますので、不安な気持ちが少しでもあるようであればそうしてくださいね。事故ってからでは遅いですよ!

スタッドレスタイヤの走行距離の変え時は?

スタッドレスタイヤの変え時には走行距離も関係しています。スタッドレスタイヤの寿命は、年数よりも走行距離の方が大きく関わってくるとのこと!では一体その走行距離とはどの程度なのでしょうか?

目安は2万キロ~3万キロだと言われていますが、1万キロを超えた辺りで一度チェックをしてみるのが良いです。もちろんご自己判断だけではなく、タイヤ屋さんと一緒にチェックすることをおすすめします!

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤを長持ちさせる為には?

次にスタッドレスタイヤを長持ちさせる為の工夫を紹介します。せっかく購入したタイヤですから、長持ちさせたいですよね?

お手入れのポイントとして、3つあります。

・日陰で保管すること
・タイヤの空気圧を弱めてゴムが変形するのを防ぐような置き方をすること
・コンクリートやアスファルトに直接置かないこと

冬場には絶大な効果を発揮してくれるからこそ、お手入れはきっちりして、長持ちさせたいですよね。子供を育てているという勢いで、お手入れをしてみると愛着がもっと沸いてくるかもしれません。

換え時の目安はコレだ!

長持ちさせるための方法を上記で紹介しましたが、最後に換え時の1番の参考にしたらいいよという部分を紹介します。それが、「プラットホーム」です。ここのすり減り具合で最終的には変え時を判断するのが良いです。

プラットホームは、他のタイヤ部分よりもニョきっと突き出ている部分になりますので、ここの高さがタイヤの面と同じ高さになっているようでしたら、完全に変え時だと言って良いです。

YouTube

スタッドレスタイヤの換えときには寿命と走行距離と年数に注意!!まとめ

今回はスタッドレスタイヤの寿命や走行距離、そして年数について調査していきました。寿命でみると3~4年程度。そして走行距離から見ると1万キロを超えたあたりで一度タイヤ専門のプロに見てもらうことが望ましいですね。

特に路面凍結や雪国の方は早めの対応を心がけましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学
skyをフォローする
イベント日記

コメント