お年玉の相場ってどれくらい!?赤ちゃんにも渡すってホント?

子供にとってとても大切な一大イベントであるお正月。ですがお正月そのものの行事が大切だと捉えている子供達よりも、お年玉がもらえるから大切なんだ!と感じているお子さんもいらっしゃるかと思います。

お年玉って年齢に応じて変わってきますが、相場がどのくらいか気になりますよね。
そこで今回はお年玉の相場はいくらなのか、そして赤ちゃんにも今は渡すとの情報を入手しましたので、そちらについても調べてみました。

スポンサーリンク

お年玉の相場はいくら?未就学から小学生

お年玉の相場は子供の年齢(主に学校での学年)によって変わります。年齢別相場はまず未就学時ですと、1,000円程度という結果が多くの地域で出ています。次に、小学校低学年ですと2,000円程度が相場です。

この小学校低学年の部分に関しては、1,000円~3,000円までの間で意見が分かれてきます。小学校高学年のお年玉の相は3000円という金額が最も多くなっております。

お年玉の相場はいくら?中学生から大学生

制服になったり、思春期まっ只中に突入する中学生のお年玉の相場はいくらぐらいでしょうか。

だいたい5,000円程度という結果がでているのですが、理由として小学校に比べると責任感を感じる歳になり、周りの影響に大きく左右されやすく挑戦的になりたいと感じる多感な時期になることで、行動の範囲が広まることもしれません。

高校生のお年玉の相場は5,000円~10,000円の間が多いという結果がでました。中学生よりもさらに行動範囲が広くなるので、その分使用する金額も変わってきますよね。

ちなみに、大学生になってもお年玉を頂いている方の相場を調べてみたところ、10,000円以上が圧倒的に多いという結果がでました。

大学生になってもお年玉がもらえるだなん、そのまま社会人になった方や大学生になってからお年玉はもらえていないという方にとってはちょっぴり羨ましい出来事ですよね。

スポンサーリンク

お年玉の相場に関するうんちく

ちなみに沖縄地方では、どの年代も先ほど紹介した金額より安く設定されています。その理由として、沖縄は親戚が多く、金額を大きくすると出す方の負担が大きいため、1人へは少なく提供されていると言われています。

ですが受け取る人数は多いので、もらった金額の合計は他の地域と比べてそこまで大きな差はない事が多いとの事。赤ちゃんにもお年玉を渡す家庭も多く、だいたい1000円~2000円程度となっています。

お年玉の相場っていくらにしたらいい!?赤ちゃんにも渡すってホント?まとめ

毎年子供たちが楽しみにしているお正月。今も昔もさほど金額に大差は無いのですね。あげる側になると出費のほうも気になってきますね・・・子供がお年玉を無駄使いしないように、大人も一緒に管理しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学
skyをフォローする
イベント日記

コメント