スタッドレスタイヤは何で雪道を安全に走れるの?交換費用やタイヤの値段は??

冬になると大活躍するスタッドレスタイヤ。雪道でも滑りにくく、チェーンを巻く手間が省けるので、愛用してる方は多いと思います。便利な分、季節毎に交換も必要になってきますよね。

スタッドレスタイヤの交換費用の相場や交換場所は気になりませんか?そこで今回はスタッドレスタイヤの交換費用や処分代などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとはどんなものかご説明していきますね。冬のアスファルトは雪や結露のため、通常のタイヤでは滑りやすくなっているので、滑らないよう工夫された「スタッドレスタイヤ」が大活躍するんです。

スタッドレスタイヤには夏タイヤより溝が深くなっています。溝が深いことによって雪をよく噛むのでスリップしにくくしています。また、表面にもさらに細かい溝があります。これを「サイプ」と称しますが氷上の水膜を吸い込み、グリップ力を確保してくれます。

通常のタイヤとはゴムの質も異なります。各タイヤメーカー独自の技術があり、ガラス繊維や卵の殻などをタイヤに練りこんでいます。

スタッドレスタイヤが滑りにくくする理由はこの3つです。

◆溝が深い
◆サイプと呼ばれるタイヤ表面に細かい溝がある
◆ゴムの性質が特殊である

スタッドレスタイヤを交換してもらう場所は?

カー用品店やガソリンスタンド等の店舗の種類によって交換費用は変わってきます。カー用品店の代表的な例でいくと、オートバックスやタイヤ館、イエローハットなどがありますよね。

店舗がありすぎてどの場所に交換をしにいけばいいのか悩むと思いますので、簡単に説明をすると、ガソリンスタンドよりも車屋さんの方が良いです。車屋さんはガソリンスタンドよりも「車の備品が備わっている店」という認識ですよね。

ガソリンスタンドは「ガソリンを補給してもらう」ことが第一の目的。車屋さんは「車の備品を揃えてもらう」ことが第一の目的。これがわかれば、もう大丈夫ですよね。スタッドレスタイヤは「車の備品を揃える」行為に該当しますので、車屋さんに行く方がよ豊富な種類からスタッドレスタイヤが手に入ります。

ただ、安さ重視ならガソリンスタンドが断然お得ですよ。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤの交換費用はどのくらい?

各車屋さんによっても交換費用は変わってきます。交換作業時間は大体30分程度です。
大手ガソリンスタンド(エネオス、出光)¥2,000~¥2,500/1台
大手カー用品店(イエローハット、オートバックス、タイヤ館)約¥3,000/1台
ちなみにこれまで使っていたスタッドレスタイヤを処分する場合、1本辺り200円~500円かかるとのこと。

もちろん別に、タイヤ本体を購入する場合はその費用もかかってきますので、しっかりとタイヤ代×4本分の代金も足してくださいね。ちなみに価格の参考として値幅がありますが、1本4,000円~25,000円までの商品があります。

店舗によって値段は様々ですが、大手の車屋さんよりも地域でやっている個人経営の車屋さんの方が実は安く交換してくれる!なんてこともありますので、費用は前もって確認することをオススメします。

スタッドレスタイヤは何で雪道を安全に走れるの?交換費用やタイヤの値段は??まとめ

冬になると重宝されるスタッドレスタイヤ。スタッドレスタイヤは各メーカのの技術で私達の安全が確保されていることがわかりましたね。交換費用もガソリンスタンドやカー用品店では異なりますが、空気圧やタイヤのバランス調整も素人にはわからないのでその道のプロにやってもらいましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学
skyをフォローする
イベント日記

コメント