初詣はいつまでに行けばいい!?日程や時間帯にルールはある?

新年が明けると、おせち料理やお年玉、親戚同士の集まりといろいろ楽しいことが待ち構えています。その中でも初詣は年始初めの一大イベントのひとつです。ところで皆さんは初詣はいつ頃行っていますか?

1月1日に行かなくては行けないのか?夕方でも大丈夫なのか?といつまでに参拝に行けばいいのか、毎年何気に疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、初詣はいつまでに行けばよいのか、その日程や時間帯について調べてみました。

スポンサーリンク

初詣の行く期間は決まっているの?

初詣の行く期間はいつ頃になりますでしょうか。実は初詣にはいつまでに行けばいいという正確な決まりはないんですね。ですが一般的には初詣と言えば三が日以内に行くものという考え方が定着しています。

1月3日までに行けば良いのでは?と思っている方が多いと思いまが、明確な決まりはないのでその日付を過ぎてしまっても特に神様は怒らないみたいですよ。

初詣の意味は?

では次に初詣の意味についてご説明していきますね。初詣とは新年になって初めてお参りに行く事を言います。これは何故生まれたかというと、昨年一年を無事に過ごせることができて感謝していますという気持ちと、今年もまた安定して過ごせますようにという願いを神様に伝える為に生まれたといわれているんです。

ちなみにこの初詣は、元は「年籠り」という行事が変化してできたと言われています。この年籠りは、大晦日である31日の夜から元旦である1月1日の朝にかけてまで、豊作や家内安全を祈るためにできた行事。平安時代から存在していたとの事。

この年籠りが、大晦日の夜の「除夜詣」元旦の朝に行われる「元旦詣」に分かれ、元旦詣が現在の初詣の起源とされています。先人達の想いがこもったイベントであることは間違いないですね!

スポンサーリンク

初詣は夕方や夜に行っても大丈夫なの?

初詣に関して抑えておきたいポイントのひとつに、時間帯がありますね。夕方や夜に行っても大丈夫なのか、そこが気になる方もいらっしゃると思います。

一般的には喜び事は午前中に行う事が多く、良いことは早く知らせるのが吉と言われていますので、このことから初詣も午前中がオススメですよ。

朝日が昇り立てた日に神社やお寺に向かって祈りを込めて挨拶をすると、清らかな気持ちになれますよね。早起きは三文の徳!とも言いますから、やっぱり午前中のうちに初詣にいくと良いご縁や力ももらえそうです。

初詣はいつまでに行けばいい!?日程や時間帯にルールはある?まとめ

今回は、初詣はいつまでにいけばいいのか、日程や時間をチェックしていきました。基本的には1月1日~3日の期間で、午前中に行くのが吉です。初詣の意味も併せてご紹介しましたが、由来がわかるだけでも初詣する際に気が引き締まりますよね。

今後、初詣をするときに、良かったら自分の願いや感謝の気持ち以外にも、このような歴史を少しでも感じると、その一年感慨深いものになるかもしれません!

スポンサーリンク

コメント