元旦と元日の違いって何!?年賀状にはどっちを使うのが好ましい?

元旦と元日の違いって何ですか?そう尋ねられると中々答えに迷う方も多いのではないでしょうか?確かに、どう違うのか細かいところまで分からないですね・・・

さらに正月も加わると、元旦、元日、正月と3つ言葉があるということはそれなりに使い分けている理由があるのでしょう!そこで今回は元旦、元日の違いや年賀状にはどちらを使えばよいのかについて調査してみました。

スポンサーリンク

元旦と元日の違い

まず元旦と元日の違いからお伝えしていきます。
元旦は1月1日の「午前中」という「時間」のことです。元日は1月1日の「1日」の「日数」をさします。

ちなみに「旦」という漢字の下の線「一」は地平線を表し、上の日は太陽を表しています。このことから日の出を表している言葉だということがわかりますよね。ですから、一年の始まりの朝を表す熟語が=元旦。

地平線と太陽をイメージして覚えると使い分けやすいですね。朝は「日数」ではなく「時間」のカテゴリに分けられますので、最初の方にお伝えしたような意味ともリンクして覚えやすいです。

そして、元日はその年の一番最初の「日」を表す熟語と覚えておけば良いでしょう。

正月との違いは何??

では次に、正月との違いはなんなのでしょうか?正月は、1年の最初の月を表します。ですから1月を指すということですね。

・元旦=1月1日の午前中という「時間」

・元日=1月1日という「日数」

・正月=1年の最初の月である1月という「月」

共通するのは全て、日付等の時間に関わっている熟語ということですね。新年にこれだけ時間に関する言葉が多く出現しているということは、それだけ時間が宝ということを昔の人は捉えていたんですね。

スポンサーリンク

年賀状にはどの言葉を使う?

続いて、日本の伝統である年賀状にはどの言葉を使うと良いでしょうか?年賀状は「元旦」を使うのが良いです。なぜなら、1月1日に配達される年賀状は基本的に午前中届くので、「午前中」を示す「元旦」を使うとちょうど言葉の意味と一致しますよね。

あまり、元日と書かれている年賀状は見たことがないですよね。

元旦と元日の違いって何!?年賀状にはどっちを使うのが好ましい?まとめ

今回は、元旦と元日の違いについて調査しました。正月との違いも比較し、午前中や日、月とそれぞれ漢字に意味が込められていることがわかりました。

年賀状にはどの言葉を使うのかはわかりますよね?是非、小さいお子さんにも教えてあげてください。こうやって漢字を紐解いていくのも面白いですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学
skyをフォローする
イベント日記

コメント