鬼束ちひろが坊主にしたのは友人のため?理由が感動すると話題!

清楚のキャラから一変して、かなり破天荒キャラへ変身した鬼束ちひろさん。

デビュー当時はセミロングの髪に、ワンピースを着ているイメージでしたが濃いメイクにタトゥー、

さらに過激発現、パフォーマンスとファンだけに留まらず、多くの人に注目されましたよね。

そんな鬼束ちひろさんですが、今度はボウズ頭にしちゃったようです

これも過激パフォーマンスの一環か??と思いきやボウズ頭にした理由に感動や賞賛の声が続々とあがっております。

そこで今回は鬼束ちひろさんが坊主頭にした理由や患っていた病気について調べてみました。

スポンサーリンク

鬼束ちひろが坊主頭にした理由は?

公式ツイッターでボウズになっちゃいました笑と投稿しましたが、

その理由は身近な人がガンと診断され、抗がん剤治療を始める予定でもしかしたら髪の毛抜けていく可能性があるので、

その人を応援する意味合いでボウズにしたようです。

 

女性にとって髪の毛は命と思いますが、人のために自分もボウズ頭にできるのは凄いですよね!

鬼束ちひろは病気を患っていた?

鬼束ちひろ – 流星群

月光や眩暈、流星群と代表曲も多くある、鬼束ちひろさんですが2010年に交際相手によるDV事件で全治1ヶ月の重症を負いました。

この事件について、「大変ですよ。殴られたり」とコメントし逮捕された相手については「魅力的な男性でしたよ。

ただ手癖が悪かったんじゃないかな」と語っていました。

2012年には開始したツイッター上で、謎のハイテンション過ぎる内容ばかりの投稿をし、「和田アキコ殺○てえ」と衝撃発言も呟き、最終的に謝罪するはめになりました。

2013年頃には毒が抜け、以前のような雰囲気に戻りつつあります。化粧も薄いのですが、目鼻たちが整って綺麗な方ですよね。

2011年に発売した「月の破片」内でパニック障害だったと告白

02年のツアーの時、観客の顔が突然悪魔に見え、マイクを持つ手が震え、同様な症状が複数回続き、パニック障害だったことが判明したようです。


加えて自殺未遂の経験もあり、活動休止期間に死にたくなり自宅でウィスキーと大量の睡眠剤と安定剤を飲みました。

死体が腐るのが嫌で母親と知人に「私もう死ぬから」とメールを送り、駆けつけた2人に起こされ病院へ搬送されました。

大事にはいたらなかったそうですが、自殺願望はそれ以来無くなったとのことです。

2003年には声帯結節を発症し、活動の流れに違和感を感じ、周囲との信頼関係が崩れ、無理が生じたのが一連のパニック障害や自殺未遂の原因とも言われています。

いずれにしても繊細な性格の持ち主なのでしょう。

スポンサーリンク

NFLでもチアリーダーがボウズ頭に!!

2012年にアメリカンフットボールのプロチーム「コルツ」のチアリーダー2人が試合中に丸坊主にする出来事が起こりました。

当時の監督チャック・パガーノさんが白血病治療のため、チームを離脱しチャック監督を励ますため、何人もの選手がボウズ頭にしました。

チームマスコットが「募金1万ドル集まれば、丸刈りにするチアガールはいないかな?」と冗談半分でツイートしたところ、メーガンさんとクリスタルさんが名乗りを上げました。

この2人の行動によって、2万ドル以上の募金が集まり、白血病の研究所へ寄付されました。

アメフトチームのチアガールはアメリカで、かなり倍率が高く憧れられている職業です。

その中で頭をボウズにするのはかなり勇気がいりますよね。

鬼束ちひろが坊主にしたのは友人のため?理由が感動すると話題!まとめ

ガンの友人のためにボウズ頭にした、鬼束ちひろさん。過激パフォーマンスと思いきや、その理由に賞賛の声が上がってますね。

男性ならまだしも、女性でボウズにするのはとても勇気がいります!まずは鬼束ちひろさんの知人が治るようにお祈りします。

 

スポンサーリンク

コメント