内柴正人の現在は柔術家?事件が原因で出所前に嫁とは離婚している?

内柴正人

画像引用:https://twitter.com/search?q=%23%E5%86%85%E6%9F%B4…

2004年のアテネ五輪と08年の北京五輪ともに連覇達成し、柔道界に輝かしい歴史を刻んだ、内柴正人さん。

3連続大会で金メダルを獲った、野村忠宏さんの
後継者とも言われていました。

そんな内柴正人さんに衝撃的な事件が起きたのが2010年のこと。事件は最高裁まで争う事態にまで発展。

刑期が残っているながら現在仮出所中との情報が入ってきました。

そこで今回は内柴正人さんの現在や、奥さんとの離婚について調査してみました。

スポンサーリンク

内柴正人が起こした事件とは?

2010年10月に現役を引退後、翌1月に地元熊本県の九州看護福祉大学で客員教授に就任しました。

就任から10ヶ月後、内柴正人さんは教授を解任されます。当初の内容は部員に対して、セクハラがあったとのことでした。

しかし、事態は一変し女子部員への乱暴と不適切な関係をもったとのことで起訴されることになりました。

内柴正人さんは行為事態は認めたものの合意の上だったと主張していましたが

結果は強制的に行われたとして5年の実刑を課せられます。

当初は初犯なのに刑が重すぎるのでは?との声や憶測が飛び交いましたが

被害女性への精神的ダメージが決めてとなり最高裁での判決がでて、収監されてしまいました。

刑期は12月まであるものの今年9月に仮出所されました。柔道界は永久追放。県民栄誉賞などもすべて剥奪となりました。

事件が原因で嫁とは離婚している?

内柴正人さんには、あかりさんとう2歳年下の奥さんがいました。

2人の間には1男1女の子宝にも恵まれ、現役引退後は接骨院と隣に併設した柔道場を切り盛りしていく予定でした。

そんな矢先に起こった事件!!

夫の無実を信じて、待っていましたが上京して面会にも応じない内柴正人さんの態度に不信感が募っていきました。

次々に発覚する新事実に嫌気がさしてきて、一番の理由は子供がこの事件のせいでイジメにあい離婚を決意したようです。

親のせいで子供がイジメられるのは心が痛いですね・・・

スポンサーリンク

内柴正人が現在柔術家になった理由は?

5年の服役で現在、仮出所中の内柴正人さんですが現在柔術をしているとの情報がありました。

柔道に未練は残っているようですが、永久追放されているので柔道関係の仕事は無理でしょうが・・・

出所後に開催された柔術の大会では2冠をとる偉業を達成。
格闘センスは素晴らしいものがありますね

将来を見いだせずにいた内柴に助け舟を出したのが、
総合格闘技イベント「REAL」を運営する山田重孝氏だった。

山田氏と面会を重ね、出所後は柔術に取り組むことを決意。
熊本で知人の経営する会社に就職しつつ、山田氏のもとへ練習に通った。

「いろんな意見がある中で、人前に出て戦うことを選んだ。働いてお金を稼ぐことも大事だが、僕は生きがいを大事にしたい」と話した。

今後は、山田氏の力を借りながら、柔術、プロのレスリング、アブダビコンバットなどアマ格闘技界で世界一を目指していく。

(引用:日刊スポーツ

 

刑期はあと少し残っていますが、今後の格闘生活にエネルギーを注いでほしいですね。

 

スポンサーリンク

コメント