春の選抜甲子園2018!優勝候補高校や注目選手を勝手に予想!

2018年の選抜甲子園野球大会は3月23日~25日の12日間の予定で開催されますね!

第90回目の節目を迎える今大会は、通常より出場枠が4枠増えます。

 

内訳は一般枠が28から32に増えます。

21世紀枠は3枠、明治神宮枠も1のままです。

合計36校が選抜甲子園で熱戦を繰り広げます。

 

一体どの高校が優勝するのでしょうか。

今回はこの記念すべき、2018年選抜甲子園大会を大胆に予想してみます。

 

スポンサーリンク

 

第90回選抜甲子園の優勝校を勝手に予想!

2018年の選抜甲子園を大胆に予想すると大阪代表大阪桐蔭(おおさかとういん)が有力。

2017年8月の第99回夏の甲子園大会では、大阪桐蔭は9回裏ツーアウトまで仙台育英を追い込み勝利目前でした。

 

ところが仙台育英の次のバッターがショートゴロで試合終了と思われた時、信じられないことが起こります。

ファーストがベースを踏んでおらず、判定は「セーフ」になります。

その前の回に足を踏まれたのが影響したのでしょう・・・

 

この大会でも「優勝候補最有力」「絶対王者」「史上最強のチーム」とまで言われていましたが、結果はベストエイトに行けず3回戦どまりでしたね。

 

2018年3月の選抜甲子園大会には大阪桐蔭は、夏の大会の選手も残っています。

実力的には間違いなく優勝候補の大阪桐蔭です。

また前回の「僅かな油断」を知っているからこそ、2018年の選抜甲子園では雪辱を晴らす為に一歩一歩慎重に勝ちを積み上げてくるでしょう。

 

さらに現在の大阪桐蔭には、他校では考えられない超高校級の先発ピッチャーが3人もそろっています

「僅かな油断」さえなければおそらく優勝は大阪桐蔭ではないでしょうか。

 

ただ、大阪桐蔭を明治神宮大会で撃破した創成館(長崎県)や、同大会優勝した明徳義塾(高知)なども優勝候補なのではないでしょうか?

 

第90回選抜甲子園の注目選手は誰?

選抜甲子園の注目選手はどんな選手がいるのでしょうか?

 

〇最速147㎞/hのストレートが武器、大阪桐蔭 柿木蓮(かきぎ れん)投手

2017年の夏の甲子園大会3回戦で仙台育英に敗れた時の投手です。

当時の主将福井選手から「投球内容は100点」といわれてます。

実力は間違いなくあるので、2018年選抜甲子園は、気を引き締めてリベンジを果たしてほしいです。

 

〇ピンチに強いサイドスロー!明徳義塾 市川悠太(いちかわ ゆうた)投手

サイドスローに転向したことで、課題だった制球が改善しています。

2年生の秋の大会は、高知大会四国大会を全7試合53イニングを一人で全て投げ抜き、優勝に貢献しています。

 

〇1、3、5番どこでも使える外せない打撃力!聖光学院 矢吹栄希(やぶき はるき)選手

2年の時出場した夏の甲子園では全試合でヒットを放っています。

打点も3試合連続で計4打点を叩きだしています。

聖光学院は福島県の常連校ですね。

 

スポンサーリンク

 

第90回選抜甲子園の初出場校を紹介!

2018年選抜甲子園には初出場校が全部で10校です。

・明秀日立(茨城)

・中央学院(千葉)

・日本航空石川(石川)

・乙訓(京都)

・おかやま山陽(岡山)

・下関国際(山口)

・松山聖陵(愛媛)

・富島(宮崎)

・由利工(秋田)

・伊万里(佐賀)

 

今回は「2018年選抜甲子園の優勝予想、注目選手、初出場校」についてまとめてみました。

 

・2018年の選抜甲子園は大阪代表大阪桐蔭が優勝の可能性が高い

・2018年の選抜甲子園注目選手は柿木蓮投手、市川悠太投手、矢吹栄希選手

・2018年選抜甲子園には初出場校が全10校

 

高校野球はプロ野球と違って実力だけでは優勝を予想することは難しいです。

管理人もプロ野球は一切見ないのですが甲子園は釘付けで見てしまいます。

 

学生スポーツは何が起こるかわからないのが面白いですよね!

今年の夏の甲子園は第100回記念となるので、ダブルで楽しみです(*´∀`*)

 

スポンサーリンク

コメント