クロちゃんの入院の理由は!?2型糖尿病改善の為の教育入院とは何?

 

安田大サーカスのクロちゃんが入院していることが発覚しています。

クロちゃんといえば医療系のテレビ番組で、2型糖尿病であることが発覚し即入院レベルの身体になっていることが判明。

 

そこから医師とのバトルも含め、炎上していましたね。

今回は安田大サーカスのクロちゃんの入院理由について調べてみました。

スポンサーリンク

 

クロちゃん(安田大サーカス)のプロフィール

簡単なクロちゃんのプロフィールを確認。

  • 本 名:黒川 明人(くろかわあきひと)
  • 生年月日:1976年12月10日
  • 年 齢:41歳(2018年3月現在)
  • 出身地:広島県東広島市
  • 血液型:A型
  • 身 長:171cm
  • 最終学歴:花園大学

クロちゃんは身長171㎝とそこまで高くないですが、体重は113kgあってかなり肥満体型です。

かなり不摂生な生活を送っていたのでしょう!

 

2型糖尿病と1型糖尿病の違いは何?

糖尿病は1型と2型に分かれています。

9割近くの糖尿病患者が2型糖尿病と言われています。

もちろんクロちゃんも2型糖尿病です。

 

その違いを見てみましょう。

原因や症状の違い:

1型糖尿病膵臓のβ細胞が壊れてしまい、まったくインスリンが分泌されなくなってしまう1型糖尿病。

インスリンを体外から補給しないと生命に関わるため、インスリン注射を欠かしてはなりません。

発症するのは子どもや若い人に多く、最初は風邪に似た症状が出ます。その後、のどが渇く、尿が多くなる、急激にやせるなどの症状があらわれてきます。放っておくとケトアシドーシスに陥るので、直ちに治療を受けてください。

※インスリンは、ブドウ糖をエネルギーとして分解するときに必要なホルモン。不足すると、ブドウ糖の代わりに脂肪がエネルギー源として使われ、ケトン体という酸性物質ができます。

ケトアシドーシス」とは、このケトン体が血中に増え、血液が酸性化した状態。体のさまざまな働きが低下し、重症になると昏睡に陥ってしまう危険な症状です。

 

 

2型糖尿病遺伝的に糖尿病になりやすい人が、肥満・運動不足・ストレスなどをきっかけに発病します。

インスリンの効果が出にくくなったり、分泌のタイミングが悪くなったりします。

自覚症状がないため、いつ発症したのか、わからないまま地域や職場の健康診断や生命保険の加入時に発見されることがよくあります。

苦痛がないからと、放っておくと合併症がすすんでくるので、必ず治療を受けましょう。

引用:http://jp.abbott-diabetescare.com/

 

1型と2型が発症する体型や年齢に関しては正反対ですね。

1型糖尿病にはインスリン注射が必須ですが、2型糖尿病は食事や運動療法を取り入れて地治療に取り組んで行きます。

 

スポンサーリンク

 

クロちゃんの入院の理由は!?2型糖尿病改善の為の教育入院とは何?

今回、クロちゃんは入院理由を明かしておりませんでしたが、「教育入院」していることが判明しました。

入院=怪我、病気した時と思っている人には聞き慣れない言葉だと思います。

 

教育入院とは糖尿病の知識をつけ、正しい食生活や日常生活を送るための研修期間といわばわかりやすいでしょうか。

期間は大体5~10日間程度で、糖尿病のスペシャリストの医師をはじめ看護師、管理栄養士、薬剤師、セラピストなどと一緒に糖尿病治療に関する血圧、血糖値や合併症について学びます。

 

以前は治療に対して不真面目だったクロちゃん。

食事の量に関して、嘘の報告を繰り返したり挙げ句の果てに暴言まで飛び出していました。

 

高橋みなみさんに嘘もばらされてましたね。

森田医師の執念の追跡!

 

ついにシビレを切らしたクロちゃんから暴言が!

「ちょっとまって」
「あいつらうるさいからマジで」
「専門分野かどうか
わからないけどうるさいから」
「泣きマネする女とかいるから」

 

 

いろんなことがありましたが、クロちゃんも最終的にはきちんと病気に向き合うようなツイートを投稿。

 

 

糖尿病は発症するとずっと付き合っていかなければいけないので、正しい知識をつけて、メンバーのヒロさんのように痩せてカムバックしてほしいですね!

 

スポンサーリンク

コメント