内田正人の負傷選手&家族への謝罪内容や日程は?ボイコットも勃発?

 

世間を騒がせている、日本大学アメリカンフットボールの悪質タックルで新たな進展が!

雲隠れしていると言われていた、日本大学フェニックス監督の内田正人さんが負傷選手と家族に直接謝罪するとのこと。

 

もっと早くしていれば、事態も早く収拾できたと思われますが・・・

5月17日の関西学院大学の会見でも、鳥内監督は回答書の内容を不服として、再調査を要請し未だに反則行為の責任の所在などが明確になっていません。

 

そこで今回は内田正人監督の謝罪する日程や内容を予想してみました。

 

【合わせて読みたい】:

鳥内秀晃の子供は関学アメフト部!次期監督も息子?次男は元甲子園球児!

日大フェニックスが廃部?関学や部員も不満の声!関東学生アメフトどうなる?

 

内田正人の負傷選手&家族への謝罪内容や日程は?

内田正人監督が関学の負傷したQB本人と両親へ直接謝罪することがわかりました。

ただ、ホントに対応が後手後手すぎます。

 

何か言われてから仕方なくやっているような印象しかありません。

そこで気になるのが、謝罪の内容。

 

現時点での争点は悪質反則が”監督の指示”または”選手個人の判断”のどちらかで生じたかというもの。

 

日本大学からの回答書には、指導したことが選手へきちんと伝わっていなかったという内容でした。

弊部の指導方針は、ルールに基づいた「厳しさ」を求めるものでありますが、今回、指導者による指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていたことが問題の本質と認識しており、指導方法に関し、深く反省しております。

 

鳥内監督と小野ディレクターも、日本大学選手の中で何故あの選手1人だけが反則を起こしたのか?他の部員は反則していない。

本人の口から説明することが彼の今後の人生に必要なのでは?と指摘。

 

もし、負傷した選手や保護者から同様の質問をされた時にどうのように答えるかも気になりますね。

日本大学内部でも監督やコーチからの指示はあったとの情報もあるので、きちんとした真相を追求してほしいですね。

 

そこに新たな進展が!

内田正人監督が18(金)伊丹空港に到着したとの情報が!

19日(土)に謝罪する可能性が濃厚ですね。

関西学院大学で謝罪する場合に、鳥内監督が同席するのでしょうか?

まだ納得できる回答ではないというスタンスを取っているのでもしかしたら、不在であることも考えられます!

スポンサーリンク

 

日本大学アメフト部員がボイコット計画?

渦中の日本大学アメフト部も練習に集中できる状態ではないのは容易に想像できます。

どうやら選手間でも今回の対応に不協和音が生じているようです。

 

このような記事もスクープされています。

 

日大アメリカンフットボール部の現役選手がこう打ち明ける。

「あのプレーは内田監督の指示があってのものです。試合前日に『関学の選手を潰してこい』『そうするなら試合に出してやるぞ』とディフェンスの選手に命じたのです。

ディフェンスの選手は3回生です。

以前はずっとレギュラーで出場していたが、最近は外されていた。

『試合に出たいんだろう』と念押しまでされて、あのプレーになった」

 

「パスが明らかに失敗で、笛が吹かれ試合は中断。そんなタイミングでクオーターバックの背後から強烈にタックルするなんて、あり得ない。

普通、そんなラフプレーをすれば、ベンチに帰ってこっぴどく叱られる。

だが、ディフェンスの選手はまったく叱られることもなく、また試合に出場してラフプレーを続けた。

内田監督の指示ということをみんながわかっていたからです」

 

『監督の言う通りにしたのに、自分のせいにされてすごいショック』とふさぎこんでいる。部を辞めたいとも言っている」(前出の現役選手)

引用:https://dot.asahi.com/

 

この事態で原因を選手に押し付けているような印象を抱きます。

一緒に、厳しい練習を共にしてきた仲間が1人だけ責任を負わされるのは他の選手も我慢ならないでしょう!

 

他にもワンマン体質や逆らえない存在であることも日大アメフト部OBの証言が確認されています。

 

今回の件で、昨年のように大量の部員退部や選手またはOB一同で、内田正人監督解任の要請書を大学へ提出するなどの展開も有りえます。

 

一向に着地点が見えませんが、負傷選手へ謝罪意向の動向も要チェックですね。

 

【合わせて読みたい】:

内田正人(日大アメフト監督)の不在&沈黙は辞任と後任選定のため?

内田正人監督が報復指示で永久追放!?宮川選手(日大メフト)は退部の意向!

 

スポンサーリンク

コメント