延岡学園バスケ部の暴行した留学生は誰?日本では少年院?本国へ強制送還?

 

また、スポーツ界でショッキングな事件が発生!

高校バスケットボールの大会で前代未聞の選手が審判を殴って大怪我を負わせてしまいました。

 

何か、日本大学アメフト部の二の舞になってしまいそうですが・・・

しかも、事件を起こしてしまったのがバスケット強豪校の延岡学園!

 

そこで今回は延岡学園バスケ部の事件について調査してみました。

 

【合わせて読みたい】:

日大アメフトと絶交する強豪校はどこ?大阪産業大学付属高校?監督についても

内田正人監督の嘘が文春砲で暴露!?関学も過去にラフプレーがあった?

 

スポンサーリンク

 

延岡学園バスケ部の暴○事件とは?

今回、話題となっている事件を見ていきましょう。

  • 試合は長崎県内で行われた、九州大会準決勝
  • 相手は同じくバスケット強豪校である福岡大学付属大濠高校
  • 審判に怪我を負わせたのは、延岡学園の留学生
  • オフェンススクリーンというプレーをした際に反則をとられたことに、腹を立てた

動画の中の、審判の倒れ方がかなり心配ですが大丈夫だったのでしょうか?

 

延岡学園バスケ部の暴行した留学生は誰?

日本大学アメフト部のときもそうでしたが、今回の動画もSNSをきっかけにかなりの勢いで拡散されています。

今回、審判に怪我を負わせた選手はコンゴ共和国がバスケット留学で来日している、選手です。

 

身長が204cm、体重86kgもあり大人顔負けの体格ですね!

年齡はまだ15歳だったことも判明しています。

 

事件があった当日ですが、当該選手は審判の判定に不満が溜まっていたようで爆発したようです。

 

もちろん手を出すことはいかなる理由でも認められませんが、このような指摘も。

 

 

また、当該選手は日本語が話せず最近は「国に帰りたい」と話しており練習も休みがちになっていたようです。

 

スポンサーリンク

 

延岡学園留学生は日本では少年院?本国へ強制送還?

情報によると、怪我を負った審判は口の中を10針縫う大怪我を負ったそうな・・・

ただ、今回の件でバスケットを嫌いになってほしくないという理由から「被害届は出さない」意向とのこと。

また、怪我をさせた選手もその日の内に、監督と警察署へ行き審判へ謝罪しています。

 

当事者同士間で和解が成立しているので、今後は被害男性の治療費などは延岡学園が負担することになるのでしょうか?

 

仮に今回の事件がもっと大事になっていた場合、基本的に日本の法律で裁かれます

ですので、この選手は少年法によって裁かれます。

 

強制送還は基本的に不法入国、不法滞在、ビザの期限切れなどが当てはまりますので、強制送還の可能性はありません。

 

今回は事件となりませんでしたが、一歩間違えれば最悪なケースも生じかねない怪我となっていました。

しっかり反省し、バスケットボールと真摯に向き合ってほしいですね。

 

【合わせて読みたい】:

勝丸充哲(日大第三者委員長)の経歴や学歴は?メンバー全員弁護士?

田中英寿(日大理事長)の疑惑は山●組と親交がある?嫁・優子のお店は?

 

スポンサーリンク

コメント