東京医大の女子受験者は追加合格となる?損害賠償や慰謝料は発生?

 

日本の教育を揺るがす事実が発覚しました。

東京医科歯科大学で2018年の試験採点で女子受験生に対して一律減点を実施していたことが発覚。

 

しかも2011年頃から行われていたこともわかりました。

本来であれば合格していた女性の方はホントに気の毒ですね・・・

 

他にもいろいろな不正があると思います。

今回は東京医大の女子受験生の一律減点について調べてみました。

 

【合わせて読みたい】:

佐野太の息子(東京医科大学)は退学処分?裏口入学を認識?不合格者の対応も

鈴木衛(東京医科大学学長)の経歴や顔画像は?裏口入学関与で逮捕or辞任!?

 

スポンサーリンク

 

東京医大の不正採点とは?

今回の女子受験生に対する一律採点をチェック!

 

東京医大では女性受験生の合格者を3割程度に留めるように、大学側で調整を行っていたとのこと。

本気で医師を目指していた女子受験生からしたら、たまったものではないですよね。

もしかしたら、自分より点数の低い男子受験生が合格している可能性もあります。

 

◆女子合格抑制は必要悪??

 

東京医大の意図的な採点について、医療現場からは「必要悪」な要素もあるとの声も上がっています。

というのも、医学部へ入学して医師免許取得までには6年間大学で学ばければいけません。

 

それから2年間の初期研修が始まりますが、2年後は医師のキャリアとしてはまだまだです。

初期研修終了後は後期研修(約3年間)といい自分の目指したい科目で専門的な医療知識や技術を学びます。

 

おおよその研修期間が終了した時、女性は29歳となっています。(18歳で医学部入学した場合)

 

29歳だと結婚を考える年齢だったり子供がほしいと思うのも珍しくありません。

医師不足がどの病院でも生じている中で、女性医師の結婚、出産による離脱が多くの医療現場では補充できていないのが現実としてあります。

 

補充できなければ、欠員のまま他の医師に業務が増えることになっています。

個人的には厚労省がもっと医師定数を増やせばいいと思っていますが・・・

 

ただ医師不足の現実はある中で、性別によって不当な扱いが生じているのは問題ですよね。

 

東京医大の女子受験者は追加合格となる?

ここで気になるのが、女子受験生の繰り上げ合格。

 

今年の3月には大阪大学でも出題ミスによって30名が追加合格になりました。

東京医大は試験採点の情報を公開するのでしょうか?

 

医学部入学の定員は国によって管理されています。

追加合格となると、その定員枠が変わることになるので管理人な難しいと考えています。

 

しかも2011年頃から女子受験生に対しての減点採点が行われているので、どこまで遡登って合格とするかも問題になってきます。

 

ただ、世間の批判的な声も多数あがっているので特別な措置がとられる可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

 

東京医大に損害賠償や慰謝料が発生する?

東京医大に損害賠償や慰謝料は発生するのでしょうか?

検証には時間がかかりそうですが、本来合格していた女性が不合格となっている可能性は十分にあります。

 

まずは東京医大受験時には6万円の費用がかかるので、受験料の返済は発生しそうですね^^;

 

ツイッター上で気になる投稿を発見。

30名の不合格者がいたと過程すると、8年間減点採点を続けているので240名となります。

3,000万円/1名あたりと計算すると72億円と大学が存続できなくなるほどの賠償金です!!

 

今回の不正採点で東京医大がどこに着地点を置くのか気になりますね・・・

 

【合わせて読みたい】:

佐野太の息子(東京医科大学)は退学処分?裏口入学を認識?不合格者の対応も

鈴木衛(東京医科大学学長)の経歴や顔画像は?裏口入学関与で逮捕or辞任!?

 

スポンサーリンク

コメント