バレー全日本女子コーチがイケメン!アクバシュの経歴は?彼女や結婚も

 

 

9月29日より開催された世界バレー。

中田久美監督就任の新体制となって、どんなチームになっているのか気になりますね!

 

海外勢と比べ、小柄な日本人選手は技術力でその差を埋めようと必死です。

前・真鍋監督の時はIDバレーや3Dバレーを導入し強豪国を追い詰めましたね。

 

そんな中、フト試合を見ていると気になる人物が。

ハーフタイムやタイム時にうつるイケメンな外国人

コーチっぽいのですが、一体何者なのでしょう?

 

そこで今回は全日本バレー女子代表の外国人コーチについて調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

バレー全日本女子コーチがイケメン!!アクバシュの経歴は?

早速、バレー女子代表のイケメンコーチを見ていきましょう。

 

  • 名 前:フェルハト・アクバシュ
  • 生年月日:1986年4月12日
  • 年 齢:32歳(2018年10月現在)
  • 身 長:196cm
  • 学 歴:コジャエリ大学
  • 出生:トルコ(イスタンブール)

 

お~!これはかなりのイケメンですね。

しかも31歳と年齢も若く、女子選手も思いを寄せている方もいるのでは??

 

アクバシュコーチは元々バスケット選手を目指していましたが、選考日を逃しバレボールの道へ進むことに。

自身もトルコ代表として活躍していました。

 

選手としての期間は短いですが、コーチとしては若くしてキャリアを積んでいます。

主な経歴はコチラ。

 

2004年:ガラタサライ女子バレーボールチーム(トルコ)コーチ

2006年:トゥルクテレコムに移籍

このほか中国の女子プロバレーボールクラブ広東恒大女子排球など、国外でのコーチ経験もある。

2009年:トルコ代表チームのコーチ

2015年3月:トルコ女子代表チームAのヘッドコーチ(2016年12月まで)

2017年1月:バレーボールチームCSMブカレスト(ルーマニア)コーチ

木村沙織さんもプレーした世界的強豪のワクフバンク・イスタンブールでのコーチもしていました。

現在、アクバシュコーチは、日本女子バレー代表チームのコーチとCSMブカレストのコーチを兼任しています。

アクバシュコーチが参加してから、ルーマニアのチームは負けを知らないとのこと。

 

かなり高いコーチング能力があるのですね!

 

ちなみに全日本代表着用限定カラーのシューズはこのようなデザインになっています。

スタイリッシュでカッコいいですね。

 

 

 

アクバシュ・フェルハトに彼女や嫁はいる?

さて、ここで気になるのがアクバシュコーチに彼女や嫁がいるかということ。

ここまでイケメンならモテそうな気がしますが。

 

調べたところ、決定的な情報は得られませんでした・・・

ただ、海外を行き来されているのでフリーの可能性が高いですよね。

 

もしかしたらルーマニアのチームに彼女がいるかもしれません!!

 

スポンサーリンク

 

アクバシュ・フェルハトのコーチングは?

史上初の外国人コーチを迎え入れた中田ジャパン!

一体どのようなコーチングをされているのでしょうか?

 

アクバシュコーチの教えは、このような感じです。

 

スパイクを「思い切り打つこと」だ。アクバシュ氏は「海外と日本ではスパイクの見方が少し違う」と言って、次のように説明してくれた。

日本ではスイングの仕方や体の動きなどフォームに着目することが多い。しかし、海外ではいかに思い切り打つか、いかにパワーを乗せるかを重視するのだという。「いいスパイクを打つには、両方が必要。日本人はテクニックはいい。そこにパワーを加えていきたい」

そのための筋力トレーニングにも取り組んできた。しかし、最も重要なことは「メンタルの部分」とアクバシュ氏は強調する。練習中や試合中、選手らがスパイクを打つ瞬間に「攻めろ!」「パワー!」と言い続けることで、選手達に「意識付けをしてきた」と言う。

 

もちろん、気持ちだけでスパイクは決まらない。「相手チームのブロックやレシーブの映像を分析して、こういうところに打っていくと決まると教えてもいる」

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

実際に、鍋谷友理枝選手は

「試合中でもフェローが『strong!strong!』『振り切れ』『攻めろ』と言っているのが聞こえる。相手を潰してやるっていう気持ちで打つようになった。以前よりも、うまくやろうとせずに決めてやろうと思って打っている」

 

結果的にスパイクの威力が上がり「『どうしてあんな球を打てるようになったの?』と他の選手やコーチからも聞かれるんです」とプレー面でも変化を感じている。

 

とメンタル部分での変化がプレーの向上に繋がったと実感を得ています。

 

日本の技術力と守備に加え、攻撃面での変化が海外強豪国を凌ぐ可能性を秘めていますね。

今後の日本女子バレーに注目です。

 

スポンサーリンク

コメント