アパマンのヘヤシュの価格(消臭抗菌代)は?未使用の理由は隠蔽?

 

 

北海道札幌市内で年の瀬に起こった大爆発事故。

連日、ワイドショーでも取り上げられていますね。

 

大規模な爆発だったにも関わらず、死者の報道が無くて安堵も若干ありますが。

そんな中、気になる情報が出てきていますね。

 

爆発原因が日を追うごとにアパマンショップ平岸駅前店でスタッフがスプレーを処分して、その成分が湯沸器のスイッチを入れた瞬間に引火してしまったというもの。

ただ、そのスプレー缶が120本と報じれていますが何故大量のスプレーを処分していたのでしょうか?

 

実は消臭スプレーは入居時に強制的に契約が必要となるものだとか!

今回はアパマンショップの消臭スプレーについて調べてみました。

 

【合わせて読みたい】:

【札幌平岸爆発】アパマンショップの損害賠償額は億単位?消火器って何?

札幌の海さくら爆発の原因や被害状況は?隣のアパマンショップが壊滅?

 

スポンサーリンク

アパマンのヘヤシュの価格(消臭抗菌代)は?

今回の爆発の原因となった消臭スプレーですが、業務用で使用するヘヤシュではないかと言われています!

アパマン,ヘヤシュ,価格,消臭抗菌代,未使用,理由,隠蔽引用:https://twitter.com/

 

このように部屋に置き、噴射させるタイプなのです。

ただ、このヘヤシュですがアパマンショップ経由で入居する場合は消臭抗菌代と称し、強制的に契約料金に含まれているそうな・・・

 

気になる料金はいくらくらいなのでしょうか?

 

部屋の広さによって、使う本数が増えるのか約13,000~26,000円するのですね。

これは同じ不動産仲介業者では通常のことなのでしょうか?

そこら辺も気になりますね。

 

スポンサーリンク

アパマンのヘヤシュ未使用破棄の理由は隠蔽?

ここで気になるのが、何故100本以上のスプレーを破棄する作業をしていたことですよね。

普通に考えると、これだけ破棄するのであれば業者に依頼するのではないでしょうか

 

自分達だけで処分しないといけない理由があったのかな?

何か別の問題に発展する気が・・・

ヘヤシュには使用期限があるようなので、使用期限が過ぎていた在庫を処分していたのでしょうか?

 

ただ、ネット上では違う理由を指摘する声が!!

 

この投稿が事実なら、企業自体の信頼問題に直結する問題ですね。

ある報道番組で元従業員が「消臭抗菌代を徴収して消臭作業をしていなかったことがある」とも証言していました。

 

今後、この件については真相を追求されるでしょうね・・・

 

【合わせて読みたい】:

【札幌平岸爆発】アパマンショップの損害賠償額は億単位?消火器って何?

札幌の海さくら爆発の原因や被害状況は?隣のアパマンショップが壊滅?

 

スポンサーリンク

コメント