ボーナス支給日!!冬の賞与の平均はどれくらい?!外国にもボーナス制度はある?

1年の終わりとなる12月には、会社員や公務員へ冬のボーナスのご褒美があります。
アベノミクスや東京五輪開催決定の恩恵を受けて、かなり支給額が上がった方もいるのはでないでしょうか?
ちなみに管理人の夏・冬のボーナスは何ら恩恵はございません・・・

ところで日本では年間12ヶ月分の給与と夏・冬の2回ボーナスを支給される企業が多いですが、諸外国にボーナス制度はあるのでしょうか?

今回は公務員や一般企業の冬のボーナス支給日や諸外国のボーナス事情を調べてみました。

スポンサーリンク

公務員と一般企業のボーナスの支給日は?

◆公務員
公務員のボーナスは、国家公務員は法律、地方公務員は条例で定められています。公務員のボーナスは期末手当と勤勉手当という2つの手当を合算した額となっています。
ボーナス支給日は冬が12月10日となります。

◆一般企業
一般企業の冬のボーナスは公務員の支給日と近く
12月5日~25日の期間で支給される企業が多いです。

ボーナスの支給平均学は?

平均(2016年)
・公務員69万8500円
・大手企業(東証一部上場企業、従業員500人以上、主要20種245社対象)
製造業 93万5134円
非製造業 71万3523円
一番高いのは自動車業界の99万266円でした!
・中小企業も含めた平均額(東京都内民間企業1000社対象)

75万6155円でした!

諸外国のボーナス事情はどうなっている!?

日本以外の国にボーナス制度はあるのか調べてみました。

★アメリカ
一般従業員へ基本的に支給はしていない。管理職は業績に応じて
年収に対し、パーセンテージを掛けた額が支給される。
職種によってかなり差があり、5~50%の開きがあります。
さすが実力主義の国ですね。

★イタリア・フランス
ボーナス制度はあるが、大体1か月分の給与程度。年度末に支給されるところが多いようです。

★中 国
企業によって制度はばらばらだが、大体1か月分の給与程度です。
中には、買い物カード、お酒、宴会で代替している企業もあります。

★イギリス
基本的に無いです。企業に対して貢献した場合や別途支給されるときがあります。

スポンサーリンク

ボーナス支給日!!冬の賞与の平均はどれくらい?!外国にもボーナス制度はある?まとめ

諸外国と比較すると、日本のボーナスはかなり特異な制度ということがわかりました。
外国人からみるとかなり羨ましく思うのではないでしょうか?
冬のボーナスは夏のボーナスに比べると多いのが一般的なので
家族や自分自身に贅沢に使ってみてはいかがでしょうか?無駄使いだけは避けるようにしましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
skyをフォローする
イベント日記

コメント