高校生ラップ選手権!日本の高校生はかなり凄くなっている!?

皆さんは「高校生ラップ選手権」という大会をご存知でしょうか?
わかりやすく説明すると、野球なら甲子園、バレーなら春高バレー、ラグビーなら花園とスポーツで頂点を目指すように、高校生でラップが一番上手いヤツを決める大会です。

現在、第11回目まで開催していますが、第1回目から見ている管理人は正直ここまで大きなムーブメントを起こすものと思っていませんでした。

高校生ラップ選手権の影響からか、管理人がよく利用する駅裏でも中高校生の子たちがサイファー(即興でラップをすること)をしています。

一回り以上年が離れていますが、ランプアイの証言ブッダブランドの人間発電所 のトラック(曲)をかけている時もあり、懐かしい!!と感じつつ、やっぱかっこいい曲は年齢関係無いのだと痛感しました。

今回は高校生ラップ選手権についてまとめてみました。

スポンサーリンク

高校生ラップ選手権とは

画像参照:http://山下智也.com/wp-content/uploads/2016/02/logo.png

小藪和豊氏や真木蔵人氏(第10回まで)がメインMCをしていた、BSスカパーの「BAZOOOKA!!!」という番組の企画コーナーです。日本全国の高校生達がフリースタイルでMCバトルをし、優勝を競うコーナーです。

高校生であれば性別・国籍不問で出場可能で、中卒や高校中退者といった高校に通っていない者でも高校生の年齢であれば出場でき、留年をした高校3年生でも証明できる物があれば予選に参加が可能です。

2012年からスタートした企画ですが、今年の3月でもう第11回目をむかえました。
特に第10回目の大会は過去の優勝MCと人気投票ラッパー達が武道館で熱いバトルを繰り広げました。10代20代で武道館!!??とは驚きですよね。

実際、この企画から全国的に有名になった高校生も多数いて現在は音源やバトルMCとして活躍しております。

高校生ラップ選手権ルール

ルールは以下のようになっています。

①8小節2本勝負(決勝は3本)で、お互いのラップをぶつけ合う。
②3~5人の審査員が、どちらのラップが優れているかを札上げで判定する。
③多く札の上がったMCが勝利。
④勝敗がつかないと審査委員長(ZEEBRA、第9回目以降 漢a.k.a Gami)が判断した場合、もう1回の札が上がり、延長戦となる。
⑤トーナメント方式で実施


スポンサーリンク

管理人独断!注目MCベスト5

第1位 GOMESS(第2・3回大会出場)

自閉症という疾患がありながらも、第2回大会では決勝まで進出。残念ながら負けてしまったが、彼の音源には言葉の重みがあり、他ジャンルの枠を超えているアーティストだと思います。
オススメ曲→ LIFE

【MV】GOMESS – LIFE

第2位 かしわ(第4・5回大会出場)

大阪府岸和田市出身のMC。かしわはグッドゲームメイカーでいくつもの記憶に残る試合を繰り広げてきました。
現在、2Winとして活躍している双子のラッパー(T-Pablow、YZERR)相手にもそれぞれ見ごたえのある試合を繰り広げてくれました。

第3位 T-Pablow(第1・4・5・10回大会出場)

第1回目はK-9という名前で出場。
第1・4回大会の優勝者です。
管理人が毎大回見るきっかけとなったラッパーです。
高校生のラップってどんな感じかなぁ?とあまり期待せず見ていると初っ端から予想を裏切られてしまいました。
単純にかっこよかったです。今はフリースタイルダンジョンとという番組にも出演していて、一番有名になったアーティストではないでしょうか?

YouTube

第4位 Willy, Wonka a.k.a TAKA(第1・2・3・7回大会出場)

第1回大会時は幼さが残っていましたが、久々に登場した第7回大会時はかなり大人びてました。いろいろあったとの噂もありましたがその経験がもともと高いスキルに合わさって、大会常連Rackとの戦いは見ごたえのある試合でしたね。
オススメ曲:D.R.U.G.S

YouTube

第5位 裂固(第9・10回大会出場)

第9回大会優勝者。
彼は家庭の事情で高校進学できず、アルバイトで生計を立てている苦労人です。ラップスキルもかなり際立っており、韻がかなりかたいです。
特に第9回のLick-Gとのバトルは一番盛り上がった決勝戦でした。

高校生ラップ選手権!日本の高校生はかなり凄くなっている!?まとめ

今は大きなムーブメントとなっているフリースタイルラップ
若者から大人のラッパーが活躍しています。
短い時間の中、韻を踏む制約があるにも関わらずちゃんとした意味をもたして相手にアンサーする姿には凄さしか感じません!!

また、BAZOOOKA!!!という番組は地上波では放送が難しい地下クイズ王決定戦や陰謀論といった企画もあるので、その企画コーナーもオススメですよ。

スポンサーリンク

コメント