幽霊の日はどんな日!?なんで7月26日なの??

7月26日は幽霊の日です。
いきなりそんなこと言われたら戸惑いますよね。

夏といえば何故か夜にはじまる怖い話。
それと関係しているのでしょうか?

そこで今回は幽霊の日の由来と夏になると何で怖い話をしたがるのか
まとめてみました。

スポンサーリンク

幽霊の日の由来は?

1825年(文政8年)7月26日にに江戸の中村座で「東海道四谷怪談」が初演されたのが由来となっています。

四谷怪談とは、不義密通をはたらいた男女が殺され、戸板に縛られ神田川に流されたという実在の事件をモチーフに四世鶴屋南北が作った話です。

浪人の民谷伊右衛門が不義密通をはたらき、欲に目がくらんで妻のお岩を毒殺しお岩の亡骸を川へ流してしまいます。
死んだお岩は幽霊と成って井右衛門に復讐するという話です。
日本では一番有名な怪談話ではないでしょうか?

お岩さんのたたりは存在する?

四谷怪談にまつわる話として、舞台や公演する際にきちんとお参りやお祓いをしないと事故やトラブルが続発する話を聞いたことはないでしょうか?

この話には2つの諸説があります。

★否定派

もともと、お岩さんと田宮伊右衛門は夫婦仲も睦まじしくお岩さんは貧しい家計を支えるために奉公に出ていたのですが、健気な頑張りで田宮家は再び栄えるようになりました。

お岩さんが田宮家の庭にあった「屋敷社」を信仰していたおかげだからという噂がたち、その幸運にあやかろうと、「お岩稲荷」として信仰するようになりました。

後に、家内安全・無病息災・商売繁盛・開運さらに悪事や災難除けの神として、庶民的の信仰として江戸の人気を集めるようになりました。

★肯定派

お岩が浪人の伊右衛門を婿にとりましたが、伊右衛門が心変わりして一方的にお岩を離縁し、お岩が狂乱して行方不明となり、その後田宮家で変異が相次いだため、田宮邸の跡地にお岩稲荷を建てたというものです。
実際に、偶然にしてはありえないトラブルも起こっているみたいです。

この真意はわからないですが、芸能は験(げん)を担ぐのできちんとお参りやお祓いをするようですね。


スポンサーリンク

夏にはなんで怖い話をしたがるの?

夏になると怖い話が急に始まったりしますよね。
これは外国人には理解不能のようです。調べてみたところ2つの説があることがわかりました。

◆夏狂言

夏狂言は江戸時代から始まった狂言です。当時は庶民の娯楽でした。夏になると、人気役者は巡業に出たり、休んだりします。
そこで、主役をとれない若手役者は普段と違う芝居をするようになり、
その題目が怖い話が多かったので現在まで受け継がれている説があります。

◆お盆

お盆は今も昔も正月と同じくらい大事な行事ですよね。
あの世の先祖の魂を迎え入れる期間で、不思議な体験をした人や
霊的な話が受け入れられやすい時期から夏には怪談話をするようになった説もあります。

幽霊の日はどんな日!?なんで7月26日なの??まとめ

幽霊の日は現代でも多くの人がしっている四谷怪談が由来となっていました。
幽霊はいるのか?いないのか?という議論は絶えないですが、どちらも
実証することは難しいのではないでしょうか?

ちなみに管理人は見たことないですが、「いる」と思っています。
人それぞれなのでこの時期はとっておきの怖い話を用意しときましょう!

スポンサーリンク

コメント