初盆の香典は金額どれくらいにすればいい!?表書の書き方は??

お盆の時期や風習といったものは、出身地によって違ってきますよね。

管理人の出身地は旧暦の7月にするので、毎年お盆の時期が異なります。

今回は一般的なお盆のしきたりについて疑問に思ったので、「初盆」の基礎的な内容について調べてみました。。

スポンサーリンク

初盆とはいつまでに亡くなった人??

初盆とは、故人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことです。
一部地域では新盆と呼ぶところも多いです。

49日の法要を済ませているかどうかがポイントです。
亡くなってから49日間は、お裁きにより成仏し極楽浄土へ行けるかどうかが決まる期間です。49日を過ぎてようやく旅立つことができます。

一般的なお盆期間である、8月13日~16日の場合:6月25日までに亡くなった人が、今年「初盆」を迎えることになります。6月26日以降に亡くなった人は、来年「初盆」を迎えます。

7月13日~16日をお盆期間としている地域:この場合は、5月25日までに亡くなった人が、今年「初盆」を迎えることになります。

49日の法要は親族、喪主、僧侶のスケジュールなどで、日程変更をすることが珍しくありません。早めに済ませたい場合は、お互いのスケジュールを確認しましょう。

初盆の香典の金額は?

初盆の場合のみ、故人へお伺いするときに香典を包みます。

亡くなった方との関係性にもよりますが、5000~10000円が相場です。

お供え物を持参した場合は、香典の金額は少なくても大丈夫です。
地方によっては、お供え物だけで済ます場合もありますので、出身地が違う場合は確認をとるようにしましょう。香典返しは、2000円~3000円が相場です。

スポンサーリンク

初盆の表書きの書き方は?

主な書き方をご紹介します。

・香典の表書き…「御仏前」、「御佛前」、「御供物料」
・お供えする品物の表書き…「御供」
・初盆の提灯台の表書き…「御ちょうちん(提灯)代」
・僧侶へのお礼…「御布施」
・僧侶に渡す交通費…「御車代」

初盆のお供え物には、故人が好んでいた物やお菓子、果物などを持っていくのがオススメです。

初盆の香典は金額どれくらいにすればいい!?表書の書き方は??まとめ

地域によってはお盆のしきたりは変わってきますが、日本人にとってお盆はとても大切な行事です。特に初盆(新盆)は、あの世へ旅たってからの初めて戻ってきますので家族、親戚で故人を偲んできちんと供養しましょうね。

スポンサーリンク

コメント