田邊哲司の息子は津市の学校教員「公務員が一般市民にひれ伏す異常事態」三重県津市自治会長

田邊哲司,息子

三重県津市の元自治会長が市の補助金をだまし取って逮捕された事件。この事件を知れば知るほど元自治会長と市職員のいびつな関係が浮き彫りとなっています。今回逮捕された田邊哲司容疑者には息子や娘はいたのでしょうか?田邊哲司容疑者の家族について調べてみました。

田邊哲司の息子は津市の学校教員で娘は保育園勤務

田邊哲司と検索すると「息子」や「娘」といったキーワードが出てきますが、家族構成が気になるところです。いろいろと調べてみると掲示板に「息子は津市立の学校教員である」と書き込みが。さらに娘もおり、市立保育園に勤務しているそうな。子供たちは真っ当な職業に就いているが田邉被告の親族という事がバレたら勤務にも支障が出てくるのは時間の問題ですね。

田邊哲司の家族は愛桜会所属のアウトロー

田邊哲司容疑者の父親は愛桜会といって現在弘道会傘下にある組織に所属していたとの情報も。さらに相生町内に田邉組という事務所を構えていたので生粋のアウトローだったことでしょう。息子、娘には自分と同じ道を歩んでほしくなかったのか子供達が反面教師で公務員という道を選んだのかは気になるところです。

田邊哲司の経歴や顔画像

田邊哲司,経歴

田邉容疑者の経歴も調べてみました。

名前:田邉哲司(たなべてつじ)

年齢:61歳

経歴:敬和小学校–>>東橋内中学校

職業:津市の元自治会長

FacebookやインスタといったSNSは運営していない可能性が高いです。中学卒業後からの経歴が確認できないので父親と同じく本職へ進んだと思われます。事件の概要でも「自身の入れ墨を見せていた」事が確認されています。現在61歳の男性の入れ墨といえば和彫しか思いつかないので、概ね予測は当たっていることでしょう。

三重県津市自治会長 補助金詐欺の概要

田邉容疑者は2017年、町の掲示板の設置工事を巡り、市の補助金13万円をだまし取った詐欺の疑いがもたれています。ほかの掲示板の工事についても、市の補助金を申請していますが実際は市職員にホームセンターで自費が買わせた資材で補修をし補助金は自身の懐へ。

田邉容疑者は市へ過剰な要求をし、職員へ土下座や謝罪の要求をするようになり徐々に影響を持ち始めます。行動はエスカレートし犬の散歩、病院までの送迎、車の洗車と身の回りの世話まで市職員へ強要し始めます。他にも自身の経営するお店で誕生日会や部長会と称した飲み会を市の幹部達と開き公私の距離も縮まってきます。

ある職員は田邉容疑者へ謝罪へ行くために3回丸坊主にしています。今どき頭を丸めて謝罪に行くなんて考えられません。しかも市職員が自治会長へそこまでする理由もわかりません。ですがこの事件を一言でまとめると田邉容疑者の「威圧感」に多くの市職員が屈服してしまったと受け取ってしまいます。市の幹部たちも飲み会を共同でしているため弱みを握られていたのでしょう。人の弱さを利用した卑劣な行動ですよね。実際に田邉容疑者関連がきっかけで退職した職員もいます。倍率の激しい公務員という職になれたのに一個人のせいで退職まで追い込まれたとはとても信じられませんね。

コメント