古賀大樹弁護士の学歴は京都大学法学部「無計画な独立でジリ貧生活」高校生預金830万円着服

高校生の後見人だった古賀大樹(こがだいき)弁護士が無断で貯金を解約し約800万円を着服したとして業務上横領の疑いで逮捕されました。古賀だいきをさらに調べると他4人の後見人の貯金も使い込んでいたとして総額8700万円余りを横領した事実が発覚。この記事では古賀大樹弁護士の学歴や事務所について調べてみました。

古賀大樹弁護士の学歴は京都大学法学部

今回の事件を受けて、古賀大樹弁護士の学歴が判明しています。

  • 2003年:京都大学法学部卒業 
  • 2003年: 司法試験合格
  • 2004年 :大阪弁護士会登録し弁護士法人大江橋法律事務所入所
  • 2013年: 弁護士法人大江橋法律事務所パートナー就任
  • 2016年 ~ 2018年 :大阪国際大学非常勤講師(経済法)
  • 2018年 古賀法律事務所設立 代表(現任)
  • 2019年 AFILIA株式会社 取締役(現任)

国内屈指の難関大学である京都大学を卒業し、卒業と同時に弁護士司法試験に合格。10年以上大江橋法律事務所で下積みを経て、大学講師を経験し2018年に自分の事務所を設立。

直近まで取締役に所属していたAFILIAという会社は東京都港区にある起業です。副業に取り組む人への研修・スキルアップや起業・独立支援、農業への転職者などの支援を行っている会社です。すでに同会社のホームページから古賀大樹弁護士のプロフィールは削除されていますが、過去に掲載されていた当時の画像を発見!

古賀大樹弁護士,学歴

弁護士としてのキャリアと民間企業の専任弁護士兼取締役という肩書を、自らの手で終わらせてしまいましたね。

古賀大樹弁護士の顔写真やFACEBOOKは?

古賀大樹弁護士はフェイスブックはしているのでしょうか?「古賀大樹」で検索したところ、20個以上のアカウントがヒットします。

「古賀」という名字は九州地方のとくに福岡県に多いのでしょうか?福岡県出身や在住の人が結構な割合を占めています。ところが、本人のアカウントと思わしきものを発見!

古賀大樹弁護士の出身大学である京都大学と思いきや京都橘大学という大学出身の方でした。「kogadaiki」で検索したところ、先ほどと同様な結果となっており、引き続き探してみます。

これが別の古賀大樹弁護士の顔写真です。外見からは巨額なお金を勝手に使い込むようには見えませんが・・・

古賀大樹の法律事務所の場所とホームページ

古賀大樹の弁護士事務所の場所も調査!調べてみると、事務所と思われる住所が2つ出てきます。古い情報のもは大阪府堺市となっております。大阪弁護士会に登録されている古賀大樹弁護士の情報がこちら。

この住所を見てみると、自宅のようにも思われます。

次は相談内容によって弁護士を検索する「相談サポート」というサイトでは大阪市北区の事務所が表示されています。

大阪府大阪市北区西天満2-9-14 北ビル3号館501

どちらかというと、大阪市北区の方が事務所のような外観ですね。実は古賀大樹は事務所を未ライズワークスという会社に施工してもらった時にホームページに掲載されています。

司法試験に合格したのが2003年で事務所設立したのが2018年です。弁護士15年目という数字が一致していますね。

将来的には弁護士3名と事務局4名まで増やそうとしていたとのことですが、まさか事務所設立年と同時期に横領していたとは驚きです!

古賀大樹弁護士の横領事件概要

  • 高校生の後見人だった大阪弁護士会に所属する古賀大樹弁護士(42歳)が無断で預金を解約するなどして約800万円を着服したとして、業務上横領の疑いで逮捕
  • 男子高校生の後見人だった古賀弁護士は2020年3月までに10回にわたり現金をおろし、さらに預金解約し自分名義の口座に現金を移した
  • 大阪弁護士会は古賀弁護士の逮捕を受けて今回の高校生も含めて、5人から依頼された業務で、横領した金はあわせて”8700万円”余りに上る疑いがあることを発表
  • 横領した現金は、遊興費や事務所の運営費などにあてた。さらに発覚しないよう家庭裁判所に改ざんした通帳の写しを提出し適切に管理しているよう装っていた。2021年5月~8月にかけては、刑事事件の別依頼者から被害者に対する弁償金として預かった660万円と、返還された保釈金300万円のあわせて960万円についても横領した疑いがある

約1億円ほどの人のお金を弁護士という立場を利用して横領した古賀大樹弁護士。無計画に独立したためお金に困っていたのでしょう。いずれにしても今後は弁護士資格は剥奪される可能性が高いので罪と向き合って被害者への返済をしていってほしいですね。

コメント