丸山大輔県議の妻の画像「本当に残念な結果のコメントに疑問の声」長野県塩尻市酒蔵殺人事件

丸山大輔県議,妻,画像

9月29日、長野県議会議員の丸山大輔(まるやまだいすけ)氏の妻・希美さん(47歳)が自宅兼酒蔵である「笑亀酒蔵株式会社」で死亡しているのが見つかりました。首には擦り切れた跡があり殺人事件として調査中です。この記事では丸山大輔議員の妻の画像やフェイスブック、自宅について調べてみました。

丸山大輔県議の妻の画像やFACEBOOK「穏やかな人だけど芯はしっかりしている」

今回、亡くなって発見された丸山だいすけ県議の妻・希美さん。一部報道では40代と報じられていましたが47歳であることがわかっています。実際のニュースで使用された画像がこちら。

丸山大輔県議,妻,画像

丸山希美さんはフェイスブックはしていたのか調べてみました。「丸山希美」で検索すると7つのアカウントが出てきます。

丸山大輔県議,妻,画像

一つづつ確認するも、長野県塩尻市に住んでいる方のアカウントは見つかりませんでした。次に「maruyama nozomi」で検索をかけると気になるアカウントを1つ発見!

丸山大輔県議,妻,画像

長野県在住の方が1人いました。ところが中を確認したところ、塩尻市在住の方ではなく年齢も20~30代の方と思われるので別人との結果となりました。丸山希美さんはフェイスブックは使用していない、もしくは結婚する前の名字で登録されている可能性もありますね。

丸山大輔県議のフェイスブック「実家は明治16年創業の笑亀酒蔵株式会社」

夫である丸山大輔議員のフェイスブックも見ていきましょう。こちらが丸山だいすけ氏のフェイスブックアカウント。

丸山大輔県議は明治16年から創業している笑亀(しょうき)酒造株式会社の代表取締役社長を勤めています。名前の(笑亀マン)というニックネームは会社の名前からつけられたことがわかりますね。

〒399-0712 長野県塩尻市塩尻町140

笑亀酒造の紹介文を一部紹介。

明治十六(西暦1883)年、初代丸山紋一郎が、雄大なアルプスの山々を望む信州塩尻宿の陣屋跡にて、酒造業『嘉根満本家(かねまんほんけ)』を創業、銘酒「笑亀正宗」の醸造をはじめました。造り蔵の大屋根以来百二十余年、酒名を「笑亀」と改めながらも、塩尻伝統の酒の味を守ってまいりました。

老舗である笑亀酒造が特にこだわっているのが、お米選び。以前は注文して届いた米を何の疑いもなく使用していたが、お酒の原料となるお米の知識を蓄え最終的に減農薬でお米を造る農家と契約し酒造をしています。また明治16年から創業しているため建物自体にもかなり価値があることが認められ笑亀酒造店舗兼主屋・造蔵・穀蔵の3軒は、国の登録有形文化財として登録されています。

社員は4名しかいなく小さい会社ですが、伝統を誇る地元でも有名な酒造会社です。

丸山大輔氏のプロフィールも気になりますね。自身のホームページは1ページのみで作られたいわゆるペラサイトとなっています。

 

  • 名前:丸山大輔(まるやまだいすけ)
  • 生年月日:1974年8月11日
  • 年齢:47歳(2021年10月現在)
  • 学歴:深志高等学校–>>慶應義塾大学経済学部
  • 勤務先:笑亀酒造株式会社代表取締役社長

ちなみに丸山大輔県議の事務所住所はこのようになっています。

〒399-0733 長野県塩長野県塩尻市大門三番町1−7

丸山大輔県議のフェイスブックには1135名の友達がいます。もしかるとこの中に妻・のぞみさんのアカウントもあるかもしれません。

友達も探し見たものの妻・希美さんのアカウントは見つかりませんでした。

丸山大輔県議の妻「長野県塩尻市酒蔵殺人事件」概要

  • 9月29日AM7:00頃に、長野県塩尻市出身の丸山大輔県議員の妻・希美さん(47歳)が死亡しているのが見つかった
  • 第一発見者はご子息で119番通報した
  • 希美さんの遺体には擦り傷が確認されており、金庫の近くで倒れていた。
  • 司法解剖の結果、死因は首を締められたことによる窒息死と断定
  • 事件現場となったのは丸山大輔県議が自宅兼酒造会社主屋の笑亀酒造株式会社
  • 事件前日夜、希美さんは夫以外の子供2人と一緒に過ごす
  • 丸山大輔県議は事件前日、長野市の議員宿舎で宿泊しており、PM10時ころまで同僚と会話をしている。

事件を受けて、丸山大輔氏からのコメントがこちら。「本当に頑張り屋でいろいろ支えてもらった、非常に残念な結果になってしまった」・・・非常に残念な結果という言葉にネットではいろんな憶測が飛び交っています。

文字にしてしまうと、かなり冷静なコメントにみえてしまいますが、個人的にはまだ現実を受け入れられていないような気もしますね。

一方で地元では物腰柔らかい落ち着いた人柄との評判もあります。おそらく犯人は丸山大輔議員の行動を予め知っていた可能性が高いです。長野市で宿泊しているという情報を入手し犯行に至ったのでは。とにかくも一刻も早く犯人が捕まるのことを祈るばかりです。

コメント