井上盛司の娘の姉の知人が犯人か「10~30代の短髪で中肉」甲府市蓬沢 1 丁目火事

山梨県甲府市逢沢1丁目に住む井上盛司(いのうえせいじ)さん宅から10月12日午前4時前に火事が発生。木造2階建ての自宅は全焼し1時間半後に鎮火しましたが現場から2名の遺体が見つかり、井上さん夫妻と連絡が取れないことから遺体の身元確認が急がれています。この家には10代の娘2人も住んでおり火事の前に1階で争う声が聞こえ、下に降りたところ知らない男がいたとのこと。この記事では井上せいじさん娘と逃走している犯人像について調べてみました。

井上盛司の娘の姉の知人が犯人か「10~30代の短髪で中肉」

報道では井上せいじさん夫妻は4名家族で事件当日、姉妹は2階の部屋にいました。午前4時前に火事が発生しているので、その時間帯2人は就寝中だったと推測されます。1階から両親が誰かと言い争う声に気づき、妹が下の階に行ってみると知らない男がいて、逃げたら後ろから追いかけられて襲われています。この時に妹は頭に怪我を負いますが命に別状はありません。

妹は鉢合わせのような状態となり犯人が2階に上ってこようとしたので、姉と一緒に2階のベランダから逃げ警察に「泥棒が家にいる」と通報。その直後に火事が発生しています。妹の証言によれば犯人の特徴は「短髪で中肉の10~30代だった」と証言。また近隣住民も事件現場から徒歩で逃走する不審な人物を見かけている。

一連の中で唯一犯人を見ていないのが姉です。ネット上でも姉の知人もしくは好意を寄せていた人物なのではとの声も確認できました。泥棒が目的で侵入したのなら灯油を持参するのは不自然だし逆にすぐバレる。ガソリンや引火物をまいて火をつける場合、自分自身も重度の火傷のリスクがあるとの理由が挙げられています。事件の内容から見ても井上さん家族の誰かに遺恨がある方の犯行と思われます。

【追記】:10月13日に甲府市に住む19歳の少年が逮捕されました。妹への傷害容疑での逮捕となっておりますが放火についても「間違いありません」と犯行への関与をほほのめかしています。少年は顔にやけどと手を負傷しており自ら警察へ出頭してきました。動機などが分かり次第追記していきます。

井上盛司の自宅が判明「山梨県甲府市蓬沢 1 丁目3」

井上せいじさん自宅からの火事は大きなニュースとなりSNSなどでも火事の様子などが投稿されています。火事が発生したのが甲府市蓬沢(よもぎさわ)1丁目3番地。

火事の怖さが本当にわかる画像ですね。娘2人は間一髪屋外に逃げれたもののご両親は逃げる間もなく火のまわりが早く逃げれなかったのでしょうか?

山梨県甲府市蓬沢 1 丁目3の放火事件の動画「ガソリンの威力が恐ろしい」

山梨県甲府市蓬沢1丁目3で起きた当時の様子も見てみましょう。

事故の火事と違い、逃走した犯人がガソリンをまき引火させたため、木造住宅もあいまってか大規模な火事に発展したのでしょうか。いずれにしても身勝手な犯行で2人の尊い命を奪った犯人は決して許されません。一刻も早く事件解決していただきたいものです。

山梨県甲府市蓬沢 1 丁目3の放火事件の概要

  • 10月12日午前4時前に山梨県甲府市蓬沢(よもぎさわ)1丁目3で火事が発生
  • この自宅に住む井上盛司(いのうえせいじ)さんの自宅が全焼
  • 井上せいじさんは妻と10代娘の4名家族
  • 火事の現場から2人の遺体が発見され、この家に住む井上夫妻と連絡が取れていない
  • 火事が起きる前に1階から誰かと争う声に気づき、娘の1人が見に行くと見知らぬ男と鉢合わせとなり、追いかけられるも姉と2階のベランダから外へ逃げる。その際に頭を負傷するも命に別状はない
  • 娘が警察に「家に泥棒がいる」と通報した直後、自宅から火事となりガソリンのようなものをまかれ放火事件へ発展する
  • 近隣住民も50代の女性の声で「やめてやめて」との声を聞いたり、不審な男が現場付近から徒歩で逃走したのを確認している
  • 犯人も負傷したのか井上さん自宅から北西方面800mに渡り血の跡が確認された

コメント