小室圭は不合格の場合を想定して結婚か「批判拡大の前にゴールインしとけば大丈夫」司法試験不合格

小室圭,不合格の場合

秋篠宮殿下の長女である眞子様(30歳)と結婚した小室圭。アメリカニューヨーク州の司法試験の合否結果が10月29日に発表されました。ところが、司法試験主催者が発表した合格者氏名一覧に小室圭の名前が無く「不合格」の可能性が浮上。さらにそもそも試験を受験していなかったのではとの情報も。この記事では小室圭の不合格だった場合について調べてみました。

小室圭は不合格の場合を想定して結婚か「批判拡大の前にゴールインしとけば大丈夫」

日本時間の10月29日にニューヨーク州の司法試験主催者が発表した合格者一覧に小室圭の名前が無かったため「不合格」の情報が拡散。「K」のイニシャルから始まる氏名に小室圭の名前はありませんでした。

小室圭,不合格の場合

今回の試験は9227名が受験。合格率は63%で約5800名が合格し残りの約3400名が不合格となりました。ニューヨーク州の司法試験は初めて受験した人の合格率は78%程度と言われており、アメリカ弁護士会が優秀と認めたロースクール卒業生の場合、初受験者の合格率は87%とのデータも。小室圭は論文大会で受賞した実績もあり合格間違いなしと見られていました。

ここで気になるのが「結婚会見」の時期。眞子さまとの会見は10月26日に行われました。一般的な感覚として結婚する際に自分の就職先または試験結果が判明してから公に公表するのが普通ではないでしょうか?小室圭が合否結果まえに会見を開いたの背景は2つ考えられます。

1.司法試験に確実に合格したという自信があった。

2.受験時に手応えが無く不合格である可能性があった。

もし不合格を本人が自覚していた場合、”司法試験に不合格”の報道後に結婚会見をしたらさらに批判が広がるのは火を見るより明らかです。ただでさえ今回の結婚には反対デモがあるくらい、国民に納得していない人も多いです。これ以上の批判拡大を回避するために2人は結婚会見を急いだ可能性もぬぐえません!そもそも司法試験を受験していないとの噂もありますが、真相が気になるところです。

小室圭は不合格の場合の年収は2千万から600万円に激減「眞子様のヒモ状態に」

小室圭,不合格の場合

小室圭は現在、アメリカ大手の弁護士事務所「ローウェンスタインサンドラ」でロークラークとして勤務しています。ロークラークとは弁護士の助手的な役割で大体の年収は600万円となっています。600万円は日本では良い方ですが、物価の高いニューヨークで生活するにはかなり厳しい年収です。

すでに眞子様と暮らすニューヨークの新居はドアマン付きで家賃は80万円ほどとのこと。眞子さまもメトロポリタン美術館に勤務した場合、年収1500万円程度が見込まれます。小室圭が司法試験に合格して弁護士となった場合は年収2000万円となるはずでした。夫婦の世帯年収が3500万円あれば裕福な生活を送れる想定は小室さんが不合格だった場合、かなり生活レベルを落とす必要が出てきました。年収600万円と1500万円ではかなりの年収格差があり、しばらくの間は眞子さまのヒモ状態になるとの指摘も。

もし眞子様が小室圭の不合格を知って、結婚会見をしたのなら2人の「愛」は本物ですね。

小室圭は不合格ではなく6名の合格者非公表リストに入っている?

小室圭の名前がなくて”不合格”情報が拡散されていますが、今回の合格者に6名の非公表リストがいることが明らかとなりました。なぜ非公表リストがいるというと、過去にDV被害を受けてていて身元を知られてたくない人などがいるためです。小室圭も日本の皇室関係者と結婚したことで、ロイヤルパワーが働いたのかもしれません。

さらに10月29日に発表された合格者は第一弾のリリースでさらに合格者の追加発表があるとのこと。一度に合格発表されないのは不正などで合格が取り消されるケースもあるからです。日本での不合格報道を小室圭の勤務先に確認したところ「それについて我々は何も情報が無いし、提供できる情報もありません」と回答。不合格だった場合の影響は?との質問には「提供できる情報はありません」と同じ答えが。本当に不合格だった場合は2022年2月に試験があるので、そこでのリベンジとなります。

最終合格発表まで結果が気になるところですね・・・

【追記】:小室圭の司法試験受験の最終結果は”不合格”であると報道されました。来年2月の試験に再受験するとのこと。ネイティブではない外国人が受験した場合の合格率は30%と言われており、狭き門であることは間違いないです。

【合わせて読みたい】:

小室圭の就職先(アメリカ)を調査「司法試験の合否で年収1800万円か600万円」

コメント