所沢のタイソンがボコったラッパーは誰か「毘沙門天12代目特攻隊長のGAYA-Kが濃厚」

所沢のタイソン,ラッパー,誰

タイマン3000戦無敗の異名をもつ所沢のタイソンこと久保広海。現役の格闘家に勝った事やアウトロー界で有名な木村兄弟の弟に勝った逸話もあります。所沢のタイソンは10代の頃に現在ラッパーとして活躍している人物と喧嘩になった過去が。そのラッパーが誰か調べてみるとGAYA-Kという人物が浮上してきました。この記事では所沢のタイソンと喧嘩したラッパーについて調べてみました。

所沢のタイソンがボコったラッパーは誰か「毘沙門天12代目特攻隊長のGAYA-Kが濃厚」

所沢のタイソン,ラッパー,誰

所沢のタイソンんがボコったラッパーが何故、GAYA-Kと言われているのでしょうか?過去のタイソンさんはホーミーケイさんのチャンネルで以下のような内容で発言していました。

  • 所沢のタイソンこと久保広海が17歳の時、友人が暴走族チーム・毘沙門天の男にシバカれる
  • 激怒した所沢のタイソンは上福岡駅前にたむろしている毘沙門天を発見
  • 友人に誰にやられた?と確認すると「あいつ」と指さした方向へめがけて車をそのまま発信させる
  • 友人をやった相手と別の毘沙門天メンバーに車がヒットし、久保広海は何発かお見舞いした後に警察が来る前に逃げた
  • 所沢のタイソンがボコった相手はその後にラッパーとなり、結構有名で成功している

ちなみに当時所沢のタイソンは17歳なので無免許となります。さらに逃げ送れた毘沙門天メンバーがパニック状態で逃げたことでダンプカーにはねられ亡くなったと、真相不明な噂もありますが、この件について久保広海は「確認していないからわからない」と言っていました。

上の情報から全ての項目に一致するのが、GAYA-Kさんなのです!ガヤケイさんのプロフィールにはこのような事が書かれています。

埼玉県上福岡市にて10代を暴走族という形で過ごした後、HIP HOPと出会いラッパーになることを決意。 2005年に自身のレーベル “T.R.L”(TOJO REAL LABEL)を設立。そこに集まったメンバー達と”AZN”シリーズなるイベントを興し、 今となっては大人気イベントまで成長した。

10代の青春を上福岡市内で暴走族として過ごす。

過去には実話マッドマックスという雑誌にも毘沙門天は特集されています。水色で囲った箇所に注目。「毘沙門天 十二代目特攻隊長 長慶孝介」と書かれていました。GAYA-Kさんの本名までは公表されいませんがもしかしたら、一致している可能性もありますね。

GAYA-Kの年齢や車を調査「久保広海なんて聞いたこともない」さらなるフカシ発覚か

所沢のタイソン,ラッパー,誰

GAYA-Kさんはブログもしていて、プロフィールを公開していますが年齢や本名は一切公開していません。

  • 性別:男
  • 出身地:埼玉県
  • 血液型:B型

めちゃくちゃ簡単なプロフィールしかなく、他の手がかりもありません。20年のラッパーとしてのキャリアがあるので、10代後半から始めたとすると現在40歳手前くらいだと推測できすね。GAYA-Kさんは大の車好きとしても有名。新車の外車や国産車には全く興味がなく、そこらへんに捨てられた車や1980年代のキャデラックやリンカーンといったローライダーが好む車が好きなんだとか。

現在は15台も車を所持しており、全て手つくりとのこと。インタビューでは好きなものに対してはちゃんと勉強しないと、その分野に失礼との考え方があり車についても相当勉強したのでしょう。

所沢のタイソンさんといえば、武勇伝にいくつか有名なエピソードもありますが、一部から「その話嘘でしょ?」言われることも多々あります。GAYA-Kさんの一件も嘘と指摘する声も確認されています。

上福岡毘沙門天は全狂連の中心勢力だったから、車で突っ込んだとかおかしいと思ったわ

当時の上福岡毘沙門天は全狂連という関東の暴走族チームが集まった団体です。仮に所沢のタイソンがGAYA-Kさんを車で攻撃したのなら、毘沙門天だけではなく全狂連も敵に回すことになります。

所沢のタイソンとホーミーケイさんとの対談動画で「暴走族だったラッパーをぼこった」との話にGAYA-Kさんは「そんな記憶はないんだけどな」と反論。久保広海(くぼひろうみ)は過去にも関東連合とタイマンしたと言っときながら、元・関東連合のトップの西山友紀さんに詰められると「自分の誤解でした」と撤回しています。もしかしてGAYA-Kさんの件も「誤解でした」というのでしょうか。

所沢のタイソンのインスタにGAYA-Kさんと一緒に写っている画像を確認。「自分の勘違いもあったみたいで、変な噂が立っているようですが、全然仲良しです。同じ埼玉の誇りです。」どの部分が勘違いだったのか気になるところです。動画では”昔、暴走族で今はラッパー”と明確に言っています。GAYA-Kと同じ過去を持ち現在ラッパーになっている別人物がいたのでしょうか?

一連の話を見ていくと、かなり信憑性には欠ける話なので話を誇張しすぎたのでしょうか。

 

【合わせて読みたい】:

所沢のタイソンのフカシとハッタリに内藤裕が絶縁宣言「何でも人のせいにしやがって」とマジ切れ

所沢のタイソンの嘘つきが遂にバレる「関東連合との面識は一切なし」西山の裏取りで発覚

コメント