一富士二鷹三茄子はなぜ縁起がいい?茄子の意味も!初夢はいつ見たもの?

 

 

新年が明けて初めて見る夢が初夢で、見ると縁起が良いとされいるのが、「一富士二鷹三茄子(いちふじ・にたか・さんなすび)」は多くの人が一度聞いたことがあるのではないでしょうか?

実はこの一富士二鷹三茄子には続きがあり、他のものも見ると縁起がいいとされるのがあるのです!

どんなものが縁起が良いのか気になりますよね。

 

そこで今回は、一富士二鷹三茄子の続きの意味や初夢はいつまでに見た夢?について調べてみました。

 

【合わせて読みたい】:

正月花飾りの期間はいつまで?種類や意味を調査!飾る場所はどこ?

干支順番の物語のなぜを解説!由来や意味は?海外には猫年がある?

 

スポンサーリンク

一富士二鷹三茄子はなぜ縁起がいい?茄子の意味も!

初夢で一富士二鷹三茄子を見ると縁起が良いことは江戸時代初期から存在しておりました。

由来はいくつかの諸説があるのですが、徳川家の縁の土地・駿河国(するがのくに)では、富士山、愛鷹山、初物の茄子の価格が高かった説と徳川家康が富士山、鷹狩り、初物の茄子をこよなく愛していとする説が有力と言われています。

★一富士

富士山は日本で1番高い山で裾野が末広がりであること。「富士」と「無事」を掛けているなどの意味があります。

★二  鷹

鷹は賢く強い鳥。 「鷹」と「高い」を掛けて物事が上向きになるという意味もあります。

★三茄子

「茄子」と「成す」を掛けて物事や目標を成し遂げる意味があります。

昔の人も言葉と縁起が良いものをを掛け合っていたのですね。

一富士二鷹三茄子の続きがあった?

皆さんは一富士二鷹三茄子の続きがあることをご存知でしょうか?

実は一富士二鷹三茄子の続きは、四~六まであります!

 

それは、四扇五煙草六座頭(しおうぎ・ごたばこ・ろくざとう)です。

四扇五煙草六座頭にも意味はあり、それぞれ一富士二鷹三茄子と対になっています。

▼四 扇

末広がりで商売繁盛、子孫繁栄を意味する。富士山も末広がりですよね。

 

▼五煙草

煙草は意外ですよね。

煙草の煙が上昇することから運気上昇の意味があると言われています。

▼六座頭

座頭には毛が無いので「怪我ない」と掛けている。

茄子も同様に毛が生えていないので家内安全の意味もあります。

いつまでに見た夢が初夢なの?

江戸時代までは大晦日から元旦にかけてみる夢を初夢としていましたが、今はきちんとしたルールはありません。

1月1日~3日までに見た夢を初夢としております。

新年がスタートして初めて見た夢を初夢とするといいでしょう。

 

新年を気持ちよくスタートさせたい人のために縁起の良い初夢を見る確率が上がる方法を教えます!

・枕下に七福神や宝船の絵を敷いて寝る
・見たい夢をリラックスしながらイメージして寝る

なかなか夢はコントロールできませんが、少しでも可能性が上がるなら試してみる価値がありますよね。

 

もし新年早々縁起が悪い夢を見ちゃった場合は、この方法も試してみてください。

・午前中に誰かに夢の内容を話す
・宝船の帆に獏の漢字を書いて川に流すか土に埋める(獏は夢を食べてくれる架空の動物です)
 

スポンサーリンク

 

一富士二鷹三茄子はなぜ縁起がいい?茄子の意味も!初夢はいつ見たもの?まとめ

昔の人たちもモノと言葉を掛け合って縁起が良いものを作り出していたんですね。

人生で一富士二鷹三茄子の初夢は見たことがありませんが、四扇五煙草六座頭もあると見る確率が上がりそうです。

 

縁起の良い初夢を見る可能性を上げる方法もあるので、試してみるのはいかがでしょうか。

 

【合わせて読みたい】:

正月花飾りの期間はいつまで?種類や意味を調査!飾る場所はどこ?

干支順番の物語のなぜを解説!由来や意味は?海外には猫年がある?

 

スポンサーリンク

コメント

  1. 初夢にはどんな意味がある!?好きな人が出てきたら好いことがあるってこと?? | イベント日記 より:

    […] 関連記事:一富士二鷹三茄子の他にも続きがあった!?初夢はいつ見た夢のこと? […]