大関真悟の仕事は日本クリード社長か「体操教室のお兄さんの1面も」豊島連合トップ

 

アウトロー系ユーチューバーとして活動している大関真悟さん。元ヤン系の投稿者としては身なりが良く何の仕事をしているか気になります。

最近ではホーミーケイさんや怒羅権の佐々木秀夫さんともコラボしていますね。

大関しんごさんは企業の社長をしている噂もあり、この記事では大関真悟さんの仕事について調べてみました。

大関真悟の仕事は日本クリード社長か「不動産会社で成金」

大関真悟の仕事

大関真悟さんはどのような仕事をしているのでしょうか?「大関真悟」とインターネットで検索すると”日本クリード”という会社がヒットします。

日本クリードは不動産関係の会社で売主と買主を仲介する会社とのこと。日本クリードの特徴は他の不動産会社と違い売買の不透明性を排除し売り手と買い手の顔がわかるようにすることが大事だと言っています。

売主側と買主側の利益に立つスタッフがはっきりしている→取引の透明性向上
売主・買主双方と直接話が出来る→情報の確度・取引の安全性向上、取引の迅速化

過去の新聞記事に日本クリードの大関真悟CEOとして紹介されています。さらに昔の情報を探したところ、就活用のサイトにも出店していました。

大関真悟さんは中学からの定期貯金を解約し、家族のために築33年の中古の家を購入。ところが1年後にシロアリの害に犯されたことから、大関さんの不動産業界への挑戦が始まりました。

すぐに購入業者へ問い合わせたするも連絡はつかず、会社は姿を消していたとのこと。東京都庁に相談しても、首を横に振るばかり。

「こんなに透明度がなくいい加減なのが不動産業界なのか?自分の目で確かめてやろう」大関さんは、不動産業界へ飛び込むことに。業界の悪いところを、全てノートに書き出し「この悪いところを全て省いた会社を立ち上げよう!」そして2005年7月、日本クリードが誕生しました。

大関真悟とバク転の関係「体操教室のお兄さんの1面も」

大関真悟さんを検索するとバク転というキーワードも出てきます。昔ヤンチャしていた人物からバク転というキーワードは出てくるのはかなり不思議ですがどういうことなのでしょうか?

大関真悟さんは日本クリードで体操部を設立し「誰でもバク転ができるようにする」というのをコンセプトとした体操教室を開きます。

中年の人たちや子供達、年齢に関係無く誰でもバク転ができるようになるとして、新聞にも度々取材されるほどに。

アウトロー

コメント