久保優太がシバターとのやらせは事実と発言「試合辞退すると言われ台本通りにやった」ライジン33

久保優太,シバター,やらせ

2021年12月31日の大晦日に放送された格闘技イベント「ライジン.33」。今大会で注目されたのが元K1王者の久保優太(くぼゆうた)とユーチューバーのシバター選手の総合ルールでの試合。久保ゆうた選手の一方的な試合展開となる予測だったものの、シバター選手が一本勝ちをおさめました。試合後に久保優太選手がシバター選手との間で取り交わされたlineを公開。八百長ややらせ疑惑が浮上し炎上しています。この記事では久保優太とシバターのやり取りについてまとめてみました。

久保優太がシバターとのやらせは事実と発言「試合辞退すると言われ台本通りにやった」

久保優太,シバター,やらせ

今回の2人の経緯について、シバター選手はラインは捏造と真っ向から否定していますが、久保優太選手は青汁王子こと三崎優太さんにline画像は本物と発言しています。

シバターと久保優太選手のやり取りはこちら。

簡単にまとめると、シバターから久保優太選手に視聴率やユーチューバーのテンチムさんにラウンドガールもお願いしているので、1ラウンド目は「流し」でやってほしい。2ラウンド目はお互い本気でやり合いましょうというもの。その提案について久保優太選手も承諾していることが確認できています。

ところが、試合当日に仕込みでやるはずだった、1ラウンド目にシバターが腕十字固めで1本勝ちの結果に。試合終了直後の久保ゆうたさんの戸惑っている姿が今思えば合点いきますね・・・

久保優太はシバターに八百長を強要されていたか「違約金払ってでも辞退しようと思っている」

気になるのが、久保優太選手がなぜシバターさんの仕込み案を受け入れたのでしょうか?久保ゆうた選手本人からことの経緯を説明。
久保選手は勿論RIZIN側からの提案ではないですが、と前置きしつつも、八百長というか、シバターさんの方から、台本をもちかけられてしまったというのがあってと切込み経緯を説明。久保選手いわく、「突然試合前にインスタグラムでシバターさんからメッセージがきて、パンチをもらうと体がしびれるので、試合を辞退する方向でRIZINに話をしております。」と揺さぶりがあったそうな。加えてシバターさんから提案があった台本の内容についても言及し、「1Rは顔を殴らないでください。ただ蹴りはいくらでも蹴ってもらって構いません。シバターも久保選手を怪我をさせ、1Rで倒すということはしません。ただ2R目は合図をするから、それでハイキックを出してくれれば倒れます。」というものだった。
シバターから顔面にパンチをもらうと、体がしびれるので試合を辞退する方向で主催者のライジンと話している。辞退しない方向としては1ラウンドはいくら蹴ってもいいので、2ラウンド合図したらハイキックでKO負けするという内容だった。
 
「久保選手も提案を信じられないと思いますので、約束を破ったら違約金としてお金を払うなどの誓約書も書きます。ただそれをのんでくれないと、僕(シバター)は辞退する。」とすごんだそうです。それを聞き、久保選手は「当初シバターさん以外で決まりかけたカードがあったものの、それが流れてしまい、やっとシバターさんとの試合が決まってカード発表もできた。スポンサーや僕のことを応援してくれチケットを買ってくれた方もいた。妻のサラさんも大会に向けて演出をしてくれて、みんな動きだしていて、僕もなんとか試合を成立させるためにシバターさんの意向にそうようにと話しを聞いてしまった。シバターさんも娘や、奥さんがいる中、怪我をしたくはないという提案であったため、話を飲んでしまった」と話しておりました。ただ、試合直前となり、シバターさんから「台本無しはいいですが、1Rはフィニッシュしないという約束で試合を進めさせてください。」と先ほど紹介したLINEのやり取りに繋がり、スクショも本物であることを説明しておりました。そして今後についても言及があり、「思った以上に八百長っていう話が先行していてどういう風に対処すればいいのかってわからない。正直今後どうなるのか、わからないが、自分の中で謝罪をしないといけないと思っている。自分の口から説明する必要があるのはわかっているから動画を取る。と今後説明の動画を上げることを約束しておりました。

この提案については違約金を払う契約書も書くが、条件を飲んでくれないと試合は白紙に戻すというもの。久保選手もスポンサーや妻のサラさんの演出が決まっており、他の選手との対戦も流れた背景があったので、渋々提案を飲むかたちとなりました。

シバターさんからは「やっぱり台本無しのガチンコ勝負でと」当初案の変更を打診するも、1ラウンドで決着つけるのは無しの約束は守ってくれと念押ししています。
 

久保優太とシバターのやり取りはサラ(妻)も知っていたか

久保ゆうたがシバターとのやらせ疑惑についての告発について、妻・サラさんも意味深発言しています。

周りが言わなくてもサラは支えてるよ!  でも、最終的には自分が決める事だからね!  支える事はするけど、コントロールはしない。
最後まで信じていたのにね。最悪だ。

八百長ついては認めるような発言はありませんが、なにかしら事情を知っているような内容ですね。真っ向から言い分が食い違う2人の今後の展開に注目です。

 

【合わせて読みたい】:

YA-MAN(ヤーマン)は東海大学工学部卒の格闘家「一級建築士のインテリキックボクサー」

 

コメント