菅野完は結婚して子供はいる?経歴や学歴を調査!逮捕は安倍政権の陰謀?

籠池問題の発端をスクープしたと言われている、菅野完さん。

塚本幼稚園の園児たちの「安倍首相がんばれ!」と全員で発言する動画や、昭恵夫人からの森友学園への100万円寄付疑惑も菅野さんによってスクープされました。

 

そんな菅野完さんに逮捕状が出ているとのこと。

どうやらアメリカにいた当時の事件のようです。

 

今回は菅野完さんにつて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

菅野完の経歴や学歴を調査!

菅野完さんのプロフィールをチェック!

 

  • 名 前:菅野完(すがのたもつ)
  • 生年月日:1974年11月11日
  • 年 齢:53歳(2018年7月現在)
  • 出生地:奈良県天理市

 

菅野完さんは家柄が土建屋の地方政治家だったため、かなり裕福な家庭に産まれています。

大阪にある明星学園高等学校卒業後、テキサス大学オースティン校で政治分野について専攻し卒業したと自称されています。

 

菅野完さんの経歴は、アメリカから帰国後は様々な職を転々としながらサラリーマン生活を送っていたそうな。

 

2005年5月から2014年2月までコールセンターの受託運営・設置・人材育成を行う大手のテレマーケティング会社、もしもしホットライン(りらいあコミュニケーションズ)で勤務。

2013年1月1日から生活産業サービス事業部、2013年11月16日からIT・エンジニアリング事業部第二サービス室オペレーションマネージャーを務めています。

 

菅野完は結婚して子供はいる?

菅野完さんは結婚して子供はいるのでしょうか?

2017年当時に小学5年生の息子さんと小学2年生の娘さんがいることがわかっています。

 

現時点ではツイッターは非公開となっていますが、子供はよく自身のSNSに登場していますね。

奥さんの情報については、「離婚」している情報があります!

 

もしかしたら親権は菅野完さんが持っているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

菅野完は逮捕歴がある?安倍政権の陰謀?

菅野完さんには過去に逮捕歴があり、今回アメリカから逮捕状が請求されました。

 

アメリカでの事件はいずれも被害者は当時同棲していた日本人女性です。
もう少し詳しく見ると、

一度目の逮捕は1997年8月27日です。

彼の電話料金を支払えと言われたんです。私は彼の電話を使うときは、必ず彼の許諾を得たうえで、フリーダイヤルだけを使っていたから、料金を支払ういわれはないと拒否した。

すると、彼は私に電話料金の請求書を投げ、さらに電話機を私の顔に投げつけたんです。それで大量の血が鼻から流れ出ました。

警察を呼ぼうとしましたが、彼は電話機をとりあげ、何度も私を叩き私を押し倒したので、私は叫び声を上げて隣人に助けを求めたのです。

引用:http://news.livedoor.com/

 

この事件で菅野さんは傷害罪で逮捕され、罰金650ドルなどの支払い命令と、12ヵ月の保護観察処分が言い渡されています。

女性の言い分が正しいとすれば、かなり凶暴な性格ですね。

電話機を投げつけるって・・・

 

今回、逮捕となっているのは1998年5月23日に起きた別の傷害事件です。

「一緒に住んでいるボーイフレンドに顔を殴られたと(女性が)証言したので、ボーイフレンドを逮捕した」(捜査報告書)

左頬は赤く腫れ上がっていたという。なんと、またも被害者はA美さんだった。罪名は、前回の「傷害罪」ではなく、「家族や同居人への傷害罪」に変わっている。いわば「ドメスティック・バイオレンス(DV)」罪というべきものだ。

 

A美さんとは「同棲」状態にあったとみられるが、2度にわたる逮捕となると、「DV常習者」とみられてもおかしくないだろう。

菅野氏はすぐさま保証業者に立て替えさせて2500ドルの保釈金を納めた。

ところが-。

’99年6月25日に開かれたテキサス州ベル郡第2裁判所での公判に、被告である菅野氏が姿を見せることはなかった。当日出された「仮判決文」は、保釈金没収を宣言した後、こう記している。

「被告の再逮捕の令状発行を求める」

菅野氏は、保釈中に逃亡したのである。保釈金の保証業者に対して支払いをしていないことも、明らかになっている。

引用:http://news.livedoor.com/

 

記事ではこの2回目の事件後に帰国しているため、テキサス大学も卒業しているのか微妙なところですね。

 

さらに日本でも女性に対して、無理やり関係を迫ったとして逮捕されています。

 

菅野完さんの逮捕はいずれも、女性が被害者となっていますがこのタイミングでの逮捕に何か裏がありそうな気がしますね(・・;)

 

スポンサーリンク

コメント