石森大貴(特務機関NERV)の経歴や学歴は?顔画像や会社もチェック!

皆様は特務機関NERVというツイッターアカウントがあるのをご存知でしょうか?

地震があった時はすぐさま速報を届けてくれて、フォロワー数は約50万人とかなり多いです。

 

NERVとは人気アニメ「エヴァンゲリオン」に出てくる組織の名前です。

この運営者が誰で何の目的で運用しているのかが話題となっています。

 

そこで今回は特務機関NERVを運用している石森大貴さんという方を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

石森大貴(特務機関NERV)の経歴や学歴は?

早速、特務機関NERVを運営している石森大貴さんについてチェック!

 

  • 名 前:石森大貴(いしもりだいき)
  • 生年月日:1990年4月3日
  • 年 齢:28歳(2018年8月現在)
  • 出身地:宮城県石巻市
  • 出身高校:石巻高等学校
  • 役 職:ゲルヒン株式会社社長

石森さんは宮城県石巻高等学校卒業後は筑波大学へ進学。

石森さんとパソコンの出会いは幼稚園の頃に祖父の家に置いてあった、ワープロとこと。

ディスプレイに1行だけ表示される古いタイプのものでしたが、おもちゃのように遊ぶうちにローマ字入力をマスターしてしまったとか!

 

小学3年生の頃には、学校内にあるパソコンに興味を抱くようになり、毎日放課後になるといじり倒し、小学校5年生時には校長室に置かれたサーバーの管理者権限を乗っ取ることまでやり遂げてしまっています^^;

 

遊び感覚で物事を吸収していく時の子供は恐ろしいですね!

 

石森さんはお小遣いをためて、パソコンを購入し小学6年時には自分のPC環境上でレンタルサーバーのサービスを開始しています。

 

小学生の頃に早熟ぶりを発揮した石森さんですが、周りにパソコンをしている友達がおらず、どうしてもゲームをしていると思われていたそうな。

 

高校に入ってもその偏見は変わらず、次第に勉強自体にも興味がなくなり赤点だらけになりました。

 

そんな石森さんの転機となったのが、高校2年の時にIPAが主催するセキュリティ・キャンプに参加したことです。

サーバーコースに参加した石森さんは、サーバー管理の手法について学びながら、自己流の運用法と企業での運用法の違いなど、数々の新鮮な発見をしました。

 

この時にセキュリティについて関心を持ち出したので、運営している会社の原点になったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

石森大貴(特務機関NERV)の会社をチェック!

石森大貴さんの会社はどのようなサービスを提供しているのでしょうか?

ちなみにこちらが公式ホームページです。

>>>https://www.gehirn.co.jp/company/

 

石森さんが運営しているゲヒルンという会社は大きく3つの柱があります。

・インフラストラクチャ→セキュリティのプロが運営するレンタルサーバー

・情報セキュリティ→敏腕エンジニアが大手企業のセキュリティを手動でコンサルティング

・防災情報→特務機関NERV

 

今回、話題になっている特務機関NERVを始めたきっかけは、東日本大震災で石森さんは親戚や友人を多く失っています。

防災情報を被災地に確実に届ける必要性を痛感したことで始めています。

人の役に立つために、サービスを開発するという姿勢は素晴らしいですね!!

 

気になる商標特権についても、エヴァンゲリオンの商標を管理している会社からも、非営利でやっていて人のためにサービスを提供している姿勢に許可を出しているようです。

 

この28歳の天才社長の今後、どんなサービスを開発していくのか注目ですね。

 

スポンサーリンク

コメント