宝くじが当たる人(当選者)は特徴がある!?購入枚数はどのくらい?

 

 

毎年宝くじ販売の季節になると、販売所は長蛇の列ができていてますよね。

一攫千金を夢見ている人や当たったら何しようかと妄想もふくらみます。

 

宝くじって、人生で一度くらいは当たると良いなあ~と感じている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

宝くじが当たる人は、ただ運がいいだけなんでしょうか?

そこで今回は宝くじが当たる人の特徴について調べてみました!

 

【合わせて読みたい】:宝くじが当たる人(当選者)の買い方は連番orバラ?縦バラって何?

 

スポンサーリンク

宝くじ当たる人(当選者)がやっていることは??

 

「宝くじ当たったよ!」なんてわざわざ言う方はいらっしゃらないとは思いますが、当たってしまうと嬉しくなって人に伝える方もきっといらっしゃいますよね。

そんな方達の中には、様々な特徴や日頃からの行いがあるようです。

 

  • 根気よく宝くじを買い続ける
  • 宝くじの当たりやすい店舗情報を入手し、そこで購入している
  • 確率論をもとに購入をしている

 

根気よく宝くじを買い続けるという点なのですが、こちらは「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」という諺にぴったりの手法ですよね。

確かにその通りですが継続が大事ですので、この手法で当たる人は購入歴が長い方だと言えます。

 

次に、紹介した宝くじの当たりやすい店舗情報を入手してそこで購入している点について紹介していきます。

以前テレビの特集でも見かけたのですが、「当りが出やすい宝くじ売り場」という場所が存在しており、神様かその地域の仏様か地場のパワーが強く、運が結果にコミットしているようです。

 

現実的な話をすると、1ユニット単位で購入しているからなのです。

簡単に説明すると宝くじには、このように

1ユニット

番号…100000~199999

組…01~100組

1ユニットあたり番号が10万と組が100あるので1000万枚あります。

このユニット単位で購入することにより当選する宝くじを仕入れる確率がグッとあがるのです。

 

最後に紹介した確率論をもとに購入をしている手法は、例えば「タテバラ」や「平均値」などの用語が存在しています。

この手法は、くじの種類(ロト6やジャンボ宝くじ等のことを指します)によって存在するものとしないものがあります。これを基に宝くじを購入している方はかなり数字に強く計算高い方ですよね。

 

運よりも一番頼りがいがありますので、数字に強い人はこれらの手法を取り入れてみるのも良いですね。

宝くじ当たる人(当選者)の購入枚数は??

これはどれだけ当たった人がどれだけ購入したのか気になりますね!

宝くじ当選者にアンケートを実施したところ、一番多かったのは30枚購入だったと言われています。

 

宝くじは1枚300円なので1万円もかけずに高額当選したとは意外ですね(・・;)

宝くじの当たる人(当選者)の特徴とは?!

 

宝くじの当たる人の特徴は一体何があるのでしょうか。

これ、本当なの!?と思う方もいらっしゃると思いますし、管理人も本当に関係あるのかな?と感じた1人ですが、ご紹介しておきますね。

 

・部屋と財布が綺麗

・金銭欲がない

 

この様な精神論も宝くじの当たりやすさに関係している!という持論を持っていらっしゃる方もいらっしゃいますので、参考にしてみるのも良いですね。部屋が綺麗で悪いことはありません。

 

結局は「運」ですがその運を引き寄せるために、掃除や良い行いを心がけてるのもいいですね。管理人も毎週雑巾がけをするようになって、仕事運がかなり上がったので効果はあると考えています。

ですので宝くじの購入を迷っている方は、1枚でも良いので試しに買ってみることが、次の当りを掴む為の一歩になると思いますよ!

 

 

 

また宝くじの保管場所も神棚や神聖な場所へ保管していたという情報もありました。

 

スポンサーリンク

宝くじが当たる人(当選者)は特徴がある!?平均何枚購入していた?まとめ

宝くじに当たるには確率論や継続して購入するなど様々な手法があります。

部屋や財布を綺麗にするというのも意外でしたね。

今年はこの記事を参考にして、宝くじを買ってみましょう。

 

あと、当たった人は売り場の店員も見ているようで、笑顔で接客している人から買うようにしてるとのことです!

 

【合わせて読みたい】:宝くじが当たる人(当選者)の買い方は連番orバラ?縦バラって何?

 

コメント