火の玉(火球)の目撃情報!熊本地震との関係は?正体は隕石だった?

 

 

新年明けての1月3日午前5時前に、西日本の上空で光の玉のようなものが流れ落ちる様子が目撃が相次いで報告されています。

特に四国地方の方は爆音で目が冷めたとも言っており、何かとても気になりますね。

 

そして今日の夕方に熊本で地震発生・・・

これは単なる偶然なのでしょうか?

 

今回は火の玉(火球)の目撃情報や熊本地震との関係を調査してみました。

 

【合わせて読みたい】:

熊本地震の被害や交通状況は?停電や液状化も気になる!復旧の目処も

猛暑と地震は関係ある?【2018】過去の大地震と比較!2019年は注意?

インドネシア地震と南海トラフや日本地震の関係は?過去に前例あった?

 

スポンサーリンク

火の玉(火球)の目撃情報!

今回、目撃された火の玉はニュースでも取り上げられています。

 

 

大阪でも報告が!

奈良、和歌山県、京都府、高知県でも報告が相次ぎ一瞬で強い光を放っていますね。

動画からはわかりませんが、これに爆音があれば誰だってパニックになりますよ!

 

スポンサーリンク

火の玉(火球)と熊本地震の関係は?正体は隕石だった?

一体火の玉の正体は何だったのでしょうか?

専門家によるとこれは火球と呼ばれるものとのこと。

 

3日朝早く、西日本の上空で光の玉のようなものが流れ落ちる様子が目撃され、専門家は「小惑星のかけらなどが大気圏で燃え尽きる際に光る火球と呼ばれる現象だ」と分析しています。

国立天文台の縣秀彦普及室長は「小惑星かすい星のかけらが大気圏に突入し、燃え尽きる際に光る『火球』と呼ばれる現象であることに間違いない。

今回は明るさからいってかけらは大きいと10センチ程度の可能性があり、比較的大きなものだ」と分析しています。

引用:https://www3.nhk.or.jp/

 

取り敢えず、”隕石”では無いのでホッとしました。

ただ、10cmの大きさで爆音を響かすとは怖いですね・・・

 

そして、気になるのが火球と地震の関係性。

同じ日に火球と熊本地震が発生。

この2つに関係はあるのでしょうか?

 

ちなみに火球と検索すると2017年11月21日と出てきます。

YouTube

この時は関東~東海地方で目撃情報が相次ぎました。

当時の地震活動はどのような結果だったのでしょうか?

火の玉,火球,目撃情報,熊本地震,関係,正体,隕石引用:気象庁資料

ちょっと画像が荒いですが、12月6日長野県中部で起きた地震で最大はM5.3となっています。

 

別日でも検証してみましょう。

ドライブレコーダー映像 火球

2018年10月31日午前5時40分頃にも東北から関東地方にかけての東日本の空で、緑色の明るい光が空を移動していたと火球の目撃情報が寄せられています。

 

その翌日の11月1日の地震情報では千葉県東方沖で起きたM4.4(最大震度1)、そのまた翌日11月2日は福島沖でM4.4、秋田内陸北部でM4.1、両方最大震度3の地震が発生。

 

この2つの事例から火球と地震の相互関係の可能性低いと思われますね!

今回は偶然が重なったというのが管理人の考えです。

 

とにかく2018年に引き続き今年も災害意識を高めないといけませんね。

 

【合わせて読みたい】:

熊本地震の被害や交通状況は?停電や液状化も気になる!復旧の目処も

猛暑と地震は関係ある?【2018】過去の大地震と比較!2019年は注意?

【2018年3月31日】ブルームーンとは何?見ると幸せになれる!?

 

コメント