中野瑞樹の出身高校は開智or智弁?経歴や学歴が凄い!オススメフルーツは?

 

フルーツしか食べないことで有名な中野瑞樹さん。

水やお茶も口にせず、果物オンリーな生活を何年も続けています。

 

調べてみると経歴や学歴が凄いことがわかりました!

そこで今回は中野瑞樹さんについてまとめてみました。

 

【合わせて読みたい】:中野瑞樹は肌に黄疸あって病気?健康状態は?フルーツの影響で進化中?

 

スポンサーリンク

 

中野瑞樹(フルーツ)のプロフィール

中野瑞樹さんのプロフィールをチェック!

 

  • 名 前:中野瑞樹(なかのみずき)
  • 生 年:1976年
  • 年 齢:満42歳
  • 身 長:172㎝
  • 体 重:50.2kg
  • 出身地:和歌山県
  • 学 歴:京都大学農学部

中野瑞樹さんは「身体を張るフルーツ研究家」と「国際Kiraful協会代表」として主に果物の効果や普及に努めていますね。

日本フルーツコンシェルジュ協会副理事長と日本フルーツアドバイザー協会専務理事
も担当しています。

 

実は中野瑞樹さんの経歴も凄く、京都大学在学中にアメリカ国立海洋気象局に客員研究員、2001年から4年間は東京大学工学部経営工学の教員になっています。

 

中野瑞樹(フルーツ)の出身高校は開智or智弁和歌山?

中野瑞樹さんですが、京都大学出身であることは公表していますが出身高校が不明ですね!

和歌山県出身なので和歌山の高校に行っていたのでしょうか?

 

和歌山県内の高校で偏差値の高い順で調べたのがコチラ!

智辯学園和歌山高等学校:偏差値73

開智高等学校:偏差値71

近畿大学付属和歌山高等学校:偏差値70

桐蔭高等学校:偏差値69

向陽高等学校:偏差値65

上位3校が可能性としては高いですね。

 

 

京都大学農学部合格のためにはセンター試験83~86%得点できないと合格できません。

センター試験受験したことある人なら8割超えは普通に難しいのはわかりますよね(・・;)

 

スポンサーリンク

 

中野瑞樹のオススメフルーツは?

フルーツのプロがオススメする果物も気になりますよね!

 

★古都華・・・奈良県産のイチゴで「7-3-1」と「紅ほっぺ」を掛け合わせて作ったオリジナルブランドのイチゴです。

糖度と酸度が高めなのが特徴です。

 

★木成り紅はっさく・・・和歌山県産のはっさくで通常のはっさくよりも果汁が多く甘さもありながら、グレープフルーツのほろ苦さも兼ね備えているが特徴です。

 

★ピーチパイン・・・通常のパイナップルよりも甘さが強く全体的に赤くなった頃がたべ頃!パインは消化も良くする働きがあるので、脂っこいものを食べた後に食べるのもオススメ。

 

★もんげーバナナ・・・なんと!皮ごと食べられるバナナです。バナナの皮には精神を安定させる作用もあるのでこれからブームになりそうですね!

もんげーバナナは1日200~300本しか出荷できないので、通販は行っていません

どうしても食べたい場合はこちらで購入かのうです。

>>>岡山天満屋 岡山県岡山市北区表町2丁目1−1

 

8年間フルーツ食べないとは凄いですよね。

これで健康状態に問題無いというのも驚きですが、今後もフルーツの普及活動を広めていってほしいですね。

 

【合わせて読みたい】:中野瑞樹は肌に黄疸あって病気?健康状態は?フルーツの影響で進化中?

スポンサーリンク

コメント