MURVSAKIの父親の発言が最低「悪いのは母親でこっちは被害者」村上恭平逮捕

MURVASAKI,父親

人気ヒップホッププロデューサーのMURVSAKIこと村上恭平が、事実婚状態にあった女性の16歳の娘に対してわいせつ行為を行っていたとして「監護者わいせつ罪」の容疑で逮捕され、現在服役していることがわかりました。この記事ではmurvasaki(むらかみきょうへい)の父親の弁明や経歴などについて調べてみました。

MURVSAKIの父親の発言が最低「悪いのは母親でこっちは被害者」

村上きょうへいは2020年11月29日に名古屋市内で監護者わいせつ罪の容疑で逮捕され、2021年6月10日に懲役2年の実刑判決を受けています。10ヶ月前の事が何故、今頃になって話題となっているのでしょうか?それは週刊誌が村上恭平の両親へインタビューした内容に多くの方から反感を買っています。

両親は今回の息子の逮捕を受けてこのように発言。「息子は反省している。携帯のSNSも全部消して、解約もした。これから女性とは一切付き合うなと釘を刺している」「音楽活動について、アメリカで再度挑戦しろと伝えている。日本だけが土俵じゃないんだから」逮捕に関してはある程度、受け入れているかのような印象を受けます。

 

ところが、実際起きた事件関して驚くような発言が!

  • 被害女性は素行が良くないと聞いていた
  • 今回の事件の当事者は被害女性の母親
  • 母親が娘に男を取られて発狂した
  • 被害女性と息子が戯れるのを母親がしっかり管理していなかった
  • 被害女性に嫌がっている痕跡がまったくない
  • 逆に息子の曲が出せない状況なのでこっちが被害者

何か息子がはめられて逮捕されたような言い分ですね・・・

MURVASAKI,父親

上の画像は村上恭平が被害女性の母親に送ったとされる、ラインです。「おふざけの範囲以上のことは何もしていない」まるでイジメっ子がイジメた相手に対して「ただからかっていただけだよ」との言い分と一緒です。自身はおふざけのつもりでも、やられた側はいやがると母親との関係などを心配し無理やり取り繕っていた可能性もあります。

さらに村上きょうへいの妹からも「私の知人で似た状況になった子はリストカットをしていたよ」と、被害女性がリストカットなどの自傷行為をしていないから、兄のことを受け入れていたんじゃないの?ともとれる手紙が送られてきています。

今回の件で、一番反省しているのはMURVASAKIだけということになりますね・・

MURVSAKI(村上恭平)のwikiや経歴は?

村上恭平はどのような経歴を持っているのかも調べてみました。

アーティスト名はMURASAKI(ムラサキ)の名称で活動するトラックメーカーです。

  • 本名:村上恭平(むらかみきょうへい)
  • 年齢:32歳
  • 出身地:大阪府

村上恭平は友人に教えてもらった、FL STUDIOの無料版で遊びがてら曲を作ったのがキャリアスタートと語っています。村上が一躍有名となったターニングポイントが人気ラッパーKHOOへの楽曲提供。上記にも登場した村上きょうへいの妹がKHOOへ2013年にビートを渡したことがきっかけで代表曲の「FUCKSWAG」が誕生しました。

KHOOさんは韓国の人気ラッパーkeith Apeと一緒にしたIt G Maで世界的な認知度が上がり、海外からのファンも多い日本人ラッパーです。さらにTohjiやBadHopといった人気アーティストにもにも楽曲を提供。ABEMATVで配信されている「ラップスタア誕生!」の人気番組にも曲を提供していました。この番組からは今やときめくイエローバックスといったラッパーが誕生しています。

【合わせて読みたい】:

khoo(ラッパー)の年齢や身長は?彼女は宮本彩菜ってホント!?

バッドホップが名古屋で乱闘&渋谷で喧嘩が理由で出禁?黒幕はリッキー?

MURVSAKI(むらかみきょうへい)の逮捕でralphが決別宣言

今回の、murvasakiの逮捕を受けて「ラップスタア誕生」から有名となったralphというラッパーも怒りの声明を発表。

村上恭平と制作したブラックバンダナという曲の配信を取り下げている手続きを行っており、その背景には今回の報道内容が自分にとって受け入れるものではなかったと主張。加えて、「他アーティストの彼が関わった作品については、プロジェクトの規模、権利や法の問題で対応に違いが出てくる思います。しかし彼の行いに対しての考え、思いは全員同じだと思うので、それぞれの対応を尊重したいです。」と発言しています。

村上恭平は出所した後にアメリカへ渡るように父親からすすめられていますが、成功する確率は低いです。何故かと言うと海外は日本以上に未成年に対するわいせつ行為を非難します。アメリカに渡っとしても経歴を調べられ、楽曲を受け取ってくれるアーティストがいないでしょう。

地道に国内で再奮起したほうが良い気がしますが・・・

【合わせて読みたい】:

【速報】ケニーG と阿修羅MICのビーフ!バッドホップともトラブルの過去?

ラッパーD.O(練マザファッカー)の過去に逮捕歴?現在は関東連合と親交?

コメント